ここから本文です

【女性誌編集者がオススメ】五月病に活を入れるならこの新刊4冊 [with]

5/23(火) 20:01配信

講談社 JOSEISHI.NET

with編集部・Nがおすすめする、今月の新刊☆

五月病に活を入れてくれそうな、ガツンとした新刊がそろいました。ティーンズ小説を中心に活躍する著者折原みとさんの大人向けの恋愛小説、芥川賞受賞作「火花」より前に執筆を始めたという又吉直樹さんの渾身作、獄中から溶け出す女の欲望が濃厚で圧倒的な長編小説、人生の特別な瞬間を凝縮した6編を収録した短編集の4冊をお届けします。

直球ど真ん中の書き下ろし純愛小説 『幸福のパズル』

折原みと 著 ¥1850/講談社

何度も引き裂かれながらも“青い鳥“を探す現代の純愛小説

少女マンガやティーンズ小説のジャンルを中心に活躍する著者の新作は、大人向けの純愛小説。 地味で目立たないみちるが、御曹司・イケメン・人格者と三拍子そろったヒーローの優斗と恋に落ちますが、困難に次々と襲われ、引き裂かれることに。 これでもかというメロドラマですが、リアリティ溢れる設定と心情に、展開から目が離せなくなります。

又吉直樹第2作、 『劇場』

又吉直樹 著 ¥1300/新潮社

夢と現実のはざまでもがきながら大切なひとを想いつづける恋愛小説
又吉直樹氏、待望の第2作は恋愛小説。演劇を通して知り合った男女が恋に落ち、夢と現実のはざまで揺れる姿を描いた物語は、 又吉さんが“自分にとって書かずにはいられない重要な主題だった“と言い切るほど。 芥川賞受賞作「火花」より前に執筆を始めて、中断と推敲を経て完成に至った本作は、又吉さんの作家としての原点ともいえる渾身作です。

その女は本当に彼らを殺したのか? 『BUTTER』

柚木麻子 著 ¥1600/新潮社

獄中から溶け出す女の欲望が、すべてを搦め捕っていく……
結婚詐欺の末、男性3人を殺害したとされる梶井真奈子。世間を騒がせたのは、彼女の決して若くも美しくもない容姿と、 女性としての自信に満ち溢れた言動だった。週刊誌の女性記者・里佳は親友のアドバイスで梶井との面接を取り付ける。 取材を重ねるうち、欲望と快楽に忠実な彼女の言動に、翻弄されるようになって……。濃厚で圧倒的な長編小説。

出会いなおしたい人はいますか? 『出会いなおし』

森絵都 著 ¥1400/文藝春秋

人生の大切な場面が詰まった、6つの物語による短篇集
出会い、別れ、再会し、また別れ――。人は会うたびに知らない顔を見せ、立体的になる。表題作「出会いなおし」をはじめ、 「ママ」「むすびめ」など、人生の特別な瞬間を凝縮した珠玉の6篇が収録されています。 10代向け小説を多く書いてきた著者が10年間にわたって「短篇小説の可能性」に挑み続けた“戦果“ともいえる本書。ひとつひとつ味わいながら読んでみて。