ここから本文です

【23日のパ・リーグ結果】L野上4勝目、秋山先頭打者弾、H東浜5勝目、楽天大量10得点で白星

5/23(火) 21:30配信

ベースボールチャンネル

〇西武2-0日本ハム●(前橋・上毛新聞敷島球場)

 西武が少ないリードを守り抜き、前橋主催試合を白星で飾り3連勝となった。

 初回、西武は秋山の先頭打者本塁打で幸先よく先制。西武は7回に炭谷のスクイズで1点を加え、リードを2点とした。

 投げては、先発・野上が6回無失点と試合を作ると、その後は牧田・シュリッター・増田と繋ぎ完封リレーで日本ハム打線を封じた。野上が今季4勝目、増田は7セーブ目をマークした。

 敗れた日本ハムは先発の加藤が7回2失点と好投したが、好機で一打が出ず連勝は3で止まった。

〇楽天10-6オリックス●(京セラドーム大阪)

 楽天が大量得点でオリックスを降した。

 先制点を奪ったのは楽天だった。初回、二死からウィーラーが第7号となるソロ本塁打を放ち1点を先制。そして、3回にはウィーラーがこの試合2本目となるソロ本塁打を放ち2点目を加えた。

 しかし、オリックス打線も反撃。3回、武田の安打、大城の犠打、伊藤の安打で一死1・3塁とチャンスを作ると、この日1番起用の川端が2点適時二塁打を放ち、同点に追いつく。

 そして、楽天が5回にビッグイニングを作った。先頭の嶋が安打、茂木が二塁打で出塁すると、ペゲーロに今季第9号となる3点本塁打が飛び出し勝ち越しに成功。楽天はその後も安打と四球で満塁のチャンスを作ると、岡島に適時三塁打が飛び出しこの回一挙6得点。オリックスのエース・金子千尋をKOした。

 楽天はその後の7回にも3番手・金田を攻め一死満塁のチャンスを作ると、岡島の押し出し四球、嶋の適時打で2点を加え、計10得点を奪った。

 楽天先発・辛島は7回2失点と好投し、今季5勝目を手にした。しかし、今季初登板となった2番手・入野は0回2/3を3失点と今後に不安を残す登板となった。

 敗れたオリックスは、エース・金子がまさかの5回途中8失点でKOされてしまい、打線も大量ビハインドを捲れず6連敗となった。

〇ソフトバンク6-1ロッテ●(ヤフオクドーム)

 投打のかみ合ったソフトバンクが連敗を2で止めた。

 ソフトバンク先発・東浜、ロッテ先発・石川という、シンカー系の球を得意とする両投手の対決は、ソフトバンクペースで試合が進んだ。

 初回、ソフトバンクはロッテ・大嶺翔の失策を皮切りにチャンスを作ると、デスパイネ・中村晃に連続適時打が飛び出し2点を先制した。そして、4回には内川に今季第8号となるソロ本塁打が飛び出し、3点のリードを奪った。その後もソフトバンクは7回に甲斐の適時二塁打で1点、8回には柳田に今季第7号となる2点本塁打が飛び出し、ダメ押しの追加点を奪った。

 投げては、先発・東浜が制球に苦しみながらも7回1失点と好投。その後は森・石川と繋ぎリードを守り抜いた。

 敗れたロッテは、1軍に復帰した石川が7回4失点と振るわず、打線も5回に1点を奪ったのみと拙攻が目立った。

 また、この試合でソフトバンク・工藤監督は監督通算200勝目を達成した。

美人すぎる女子プロ野球選手特集【加藤優】

ベースボールチャンネル編集部