ここから本文です

“韓国のメッシ”がU-20日本代表と15歳久保について言及 「我々のライバルではない」

5/23(火) 12:50配信

Football ZONE web

バルサB所属のイ・スンウ、U-20W杯初戦では1得点1アシストの活躍

 20日に開幕したU-20ワールドカップ(W杯)で、開催国のU-20韓国代表はギニアとのグループリーグ初戦に3-0で快勝した。その試合で1ゴール1アシストの活躍を見せたのが、“韓国のメッシ”と呼ばれるFWイ・スンウだ。

【動画】久保建英、Jリーグ最年少得点記録を更新した衝撃ゴラッソ!

 バルセロナのBチームに所属するイ・スンウは、U-20韓国代表の10番を背負うエースとして出場しており、今大会の注目選手の一人にも挙げられている。そんな“スター候補”の比較対象としてメディアで再三取り上げられるのが、2011年から15年までバルセロナ下部組織に在籍し、“日本のメッシ”とも呼ばれるU-20日本代表の15歳FW久保建英だ。

 1998年生まれのイ・スンウに対し久保は2001年生まれと年齢差はあるものの、“2世代の飛び級”で今大会に出場したことで、二人を巡る報道は韓国でも熱を帯びている。そうしたなかでイ・スンウが、久保とU-20日本代表について語ったコメントが話題となっている。

 韓国のスポーツ紙「スポーツ朝鮮」は、21日のグループリーグ初戦で日本が南アフリカに2-1と勝利し、久保が決勝ゴールをアシストしたことについて、イ・スンウに質問している。それに対して韓国のエースは、「日本の勝利には大きな関心はありません。そして、我々の競争相手とも考えたことがありません」と語り、さらに久保については「僕のライバルではありません」と口にした。

「日本の勝利はなんの影響も及ぼさない」

 イ・スンウは母国開催となる今大会、代表チームを勝利に導くことだけに集中しているようだ。また、同紙の取材に対して「我々には目標がある。だから日本の勝利は、(韓国代表に)なんの影響も及ぼさない」と語っており、「次戦(23日)のアルゼンチンはいいチームなので、慢心せずにしっかり準備したい」と、目の前の相手を倒すことだけに集中している。

 とはいえ、韓国のイ・スンウと日本の久保は、活躍次第で今大会の話題の中心になっていくだろう。二人の活躍を、多くのサッカーファンが見守っているに違いない。

キム・ミョンウ●文 text by Myung-wook Kim

最終更新:5/23(火) 13:05
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新