ここから本文です

“問題児”からレアル黄金期の名脇役に? 放出濃厚とされたペペに1年間の契約延長が浮上

5/23(火) 16:10配信

Football ZONE web

スペイン紙が残留の可能性を報じる

 レアル・マドリードは21日のリーガ・エスパニョーラ最終節マラガ戦に2-0で勝利し、5シーズンぶり33度目の優勝を果たした。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)との二冠獲得を目指すなか、ジネディーヌ・ジダン監督が巧みなローテーションでメンバーをやり繰りし、主力だけでなくバックアッパーもタイトル獲得に大きく貢献。そうしたなか、今夏限りでクラブを離れると見られていたポルトガル代表DFペペにも残留の可能性が出てきたと、スペイン紙「AS」などが報じている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ペペはかつてバルセロナのエースFWリオネル・メッシの手を踏みつけたり、CLで相手選手を退場に追い込むために“演技”をするなど、問題児として何かと周囲を騒がせてきたが、対人プレーの強さなどセンターバックの能力は一級品。2007年の加入以来、長年にわたって“白い巨人”の最終ラインを任されてきた。

 ただ今季はジダン監督のローテーション策によってリーガ13試合2得点と出番が減少。そのため、この夏の移籍市場でクラブを離れるのが既定路線と見られていた。中国超級リーグの河北華夏、マンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマンが興味を示し、インテルとの契約が濃厚との報道も出たが、本人の希望はマドリード残留の模様だ。同紙によると、ペペは以下のように残留を示唆する発言をしたという。

「俺の心は常にマドリディスタとともに…」

「俺の心の一部は常にマドリディスタとともにある。クラブが自分に与えてくれた借りはいっぱいある。そしてファンも俺がプレーしようがしまいが、いつも愛情を見せてくれたしね。オレが頑張って目標を達成するために闘ったのは、彼らのためだよ」

 レアル側もペペの貢献度を加味して、1年間の契約延長を提示しているという。今年2月で34歳となったペペだが、新たなチームで競争するよりも、むしろ黄金時代を迎えつつあるジダン率いるチームの中で、名脇役の座を確立しようとしているのかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/23(火) 16:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新