ここから本文です

ミラン番記者が本田の“有終FK弾”に感服 「センセーショナルで偉大だった」と退団惜しむ

5/23(火) 18:50配信

Football ZONE web

ボローニャとのホーム最終戦で意地の一撃、3-0の快勝に貢献

 ACミランの日本代表FW本田圭佑は、21日のリーグ第37節ボローニャ戦に後半12分から出場し、同28分に直接FKを決めて3-0の快勝に貢献した。来季のUEFAヨーロッパリーグ出場権を手にできる6位を確定させたホーム最終戦で、決定的な仕事をした本田は、試合後に今季限りでの退団を公表したが、ミランの番記者はこの日輝きを放った10番を「センセーショナルで偉大」と絶賛。「来季必要な選手だったかもしれない」と退団を惜しんでいる。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 今季リーグ戦出場は前節までわずか6試合98分間、先発1試合のみだった本田は、ボローニャ戦で久々に30分以上のプレーチャンスを手にした。そして1-0で迎えた後半28分、ゴール正面23メートルから鋭く曲がるFKでゴールを決めた。

「今日は重要な一日だった。本田はゴールを決めた。だが、ゴールを決めただけではない。ゴールは重要だったが、彼が試合を決定した。勝利を決めたからだ。ゴールはケーキの上のサクランボのようなもの。本田は今日に関しては、決定力を持っていた」

 2014年1月にCSKAモスクワから移籍金ゼロで加入して以来、本田に対して好意的なレビューを続けてきた地元テレビ局「7ゴールドTV」のミラン番記者パオロ・ヴィンチ記者は、サン・シーロスタジアムでの試合後、久しぶりに本田を手放しに称賛した。

「本田は僕を非常に感動させた」

 今季7得点9アシストの活躍でミランのエースに成長したスソが、蓄積疲労で出番を失っている時には、本田の起用を記者会見でビンチェンツォ・モンテッラ監督に質問していたヴィンチ記者は、シーズンを通して燻り続けてきた10番を起用した指揮官の決断を讃えた。

「バッカとの交代で本田が入って、試合は変わった。モンテッラ監督を称賛するよ。適切な選手交代だった。プレミアムTVのインタビューでは、モンテッラはコインを上にあげて選んだと冗談を言っていたが、そうではない。存在感のないバッカを交代させて、強い力を持つ選手を入れた。上級クラスのクオリティーも持つ、いい足を持っている選手である本田を入れた。

 本田は僕を非常に感動させた。今季は本当にわずかしかプレーしていなかったにもかかわらず、結果的にはびっくりさせる試合をした。センセーショナルで偉大であり、重要だった。今日は8点の選手だった」

 出番のなかった本田が、ここぞという場面で見せた仕事ぶりに感服。8点という高評価がふさわしいと、イタリアでは珍しい「本田擁護派」のヴィンチ記者も称賛しきりだった。

 この輝きが、本田のサン・シーロでのミラン10番として最後の勇姿となる。試合後に今季限りでの退団を発表。誰もが既定路線だと分かっていたが、この日の活躍を受けて、来季のミランでも出番を手にできたかもしれないと、ヴィンチ記者は惜しむ。

1/2ページ

最終更新:5/23(火) 18:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新