ここから本文です

ACL16強、鹿島GKが前半好セーブ連発! 広州恒大の猛攻を受けるも0-0のまま後半へ

5/23(火) 21:48配信

Football ZONE web

前半は広州恒大に何度もチャンス作られるも、鹿島GKクォン・スンテの活躍で難逃れる

 鹿島アントラーズは23日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16第1戦のアウェー広州恒大戦に臨み、前半を0-0で折り返した。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 DF植田直通が離脱している最終ラインは昌子源と、ボランチが本職の三竿健斗がセンターバックを組んだ。レオ・シルバ不在の中盤センターは永木亮太、小笠原満男のダブルボランチを組み、前線はFW金崎夢生、MF土居聖真、MFレアンドロ、FW金森健志の4人が起用された。一方の広州は、MFパウリーニョ、FWアラン、FWリカルド・グラルのブラジル人トリオ、そして“中国のセルヒオ・ラモス”ことDFチャン・リンペンも名を連ねた。

 雨が降りしきるなかでキックオフされた試合は、ホームで先勝を狙う広州が高い個人能力をベースに圧力をかける。前半13分には広州の中国代表FWリ・ガクホに右サイドを突破されシュートを放たれるも、これは鹿島GKクォン・スンテの好セーブで難を逃れた。

 その直後の同15分、金森がピッチに足を取られて立ち上がることができないままピッチに倒れ込む。ボールを出すかと思われた広州がボールを運んで攻めようとの姿勢を見せたため、金崎が激高し相手選手との小競り合いが起きた。

 その後も広州と鹿島の激しい球際の戦いが続出するなか、同18分にはパウリーニョのスルーパスに対してアランに抜け出されて決定機を許す。しかしクォン・スンテの再びのビッグセーブで先制点を許さなかった。21分には永木の右CKを三竿健が頭で合わせたものの、ゴールわずか右へと外れた。

 その後は広州に何度もシュートチャンスを作られたが、鹿島の守護神がことごとくセーブし、スコアは動かないまま45分間を終えた。猛攻に耐えつつ反撃を狙う鹿島は、後半にアウェーゴールと勝ち点を手にすることはできるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/23(火) 22:32
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新