ここから本文です

アニメ「BORUTO」7話、告白シーンで赤面するボルトが「可愛すぎ」と話題に

5/23(火) 17:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 2017年5月17日(水)にアニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」の第7話が放送され、「告白シーンでボルトまで照れてるの可愛すぎたw」「恋愛ムードになると赤面するボルトピュア過ぎない?」と話題になっている。

 第7話「恋とポテチ…!!」では、ボルトのクラスの女子・秋道チョウチョウが、姿の見えない相手からの熱い視線を感じ、ストーカーではないかと嘆く。気配の主は隣のクラスの隠蓑マギレで、実はチョウチョウではなくいつも一緒にいた学級委員長・筧スミレのことを見ていたというのだ。

 マギレがスミレに好意を抱いていることが分かると、チョウチョウは今すぐ告白をするように促す。「とりあえず、今告っちゃいな!」と言われてマギレは顔を赤らめるのだが、同時になぜかボルトの頬までピンク色に。そしてマギレが意を決してアタックすると、ボルトは側にいたミツキに抱きつき誰よりも真っ赤になって照れるのだった。このボルトの反応には「なぜボルトも照れる」「人の告白に赤くなるボルトくん可愛すぎかよ」「こういうことに関してボルトの反応は母親似だね」といった声が上がり、視聴者はまだ恋愛ごとに疎いボルトを微笑ましく見守っていたようだ。

 マギレはあっさりとスミレにフラれショックを受けてその場を立ち去るのだが、次に現れた時にはボルトにだけ見える謎の黒い影を身に纏って登場。スミレをさらってボルトたちに攻撃を仕掛けてくるのだった。忍術で姿を消して暴れるマギレにボルトとシカダイは苦戦するが、チョウチョウはマギレに向かって「本当にこれで委員長のハートが掴めると思ってんの!?」と一喝。強くて頼れる男になってから出直してくるように諭し、マギレは戦意を喪失して正気を取り戻した。

 戦うことなく事態を解決したチョウチョウには「チョウチョウちゃんいい女…」「姉御かっけえっす」「今日のヒロインはスミレと見せかけてチョウチョウだったな」と惚れる人が続出。チョウチョウは今後頼りになる姉御キャラとして活躍してくれそうだ。

■アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」
放送日時:毎週水曜 17:55~
放送局:テレビ東京系※リピート放送 テレビ東京系 毎週土曜 7:00~/BSジャパン 毎週火曜 深夜0時58分~
原作:岸本斉史
出演:三瓶由布子、菊池こころ、木島隆一 ほか
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/boruto/