ここから本文です

「―釣りバカ日誌―」、「三井のリハウス」CM出演中の田辺桃子グラビア&インタビュー

5/24(水) 18:16配信

ザテレビジョン

放送中の金曜8時のドラマ「釣りバカ日誌 Season2 新米社員 浜崎伝助 」(テレビ東京ほか)、「三井のリハウス」のCMにも出演中の田辺桃子。現役高校生で、キュートな魅力があふれる彼女にインタビューを敢行!

【写真を見る】このほかアザー写真を5枚公開!

●スカウトがきっかけで芸能界入り

――田辺さんは、小学3年生のときにスカウトされたのがきっかけでこの業界に入ったそうですね。もともと演技などに興味があったんですか?

「事務所に入る前はミュージカル系のダンスを習っていたので、演技とかは身近な存在でした。もともとモーニング娘。さんを見て育ってきてたこともあって、スカウトされたときは、ダンスとかアイドルもやりたいなって思ったんですけど…。最初に出演したCMがきっかけで、女優になりたいと思うようになりました。それまでやっていたミュージカルと、テレビの演技とでは、全然違う感覚だったので、面白いなと思ったんですよね」

――現在はドラマ「釣りバカ日誌 Season2 新米社員 浜崎伝助 」(テレビ東京ほか)に出演中。主演を務める濱田岳さんは、実は田辺さんがいつか共演したいと思っていた俳優さんだそうですね。

「そうなんです。映画「鴨川ホルモー」で岳さんを見たとき、「(良い意味で)この人は何!?」と衝撃を受けて。それ以来、いつかご一緒したいなと思っていました。なので、今回共演させていただくことになって、すごくうれしかったですね。現場でもかなり助けていただきました。例えば、(特に)シーズン1のころは、大先輩がいる中で自分から話し掛けることを少し躊躇していたのですが、そんなときに岳さんがすごくいいタイミングで話し掛けてくださったりして」

――そこでどんなことを話されてたんですか? 役のこととか?

「私の学校のことを聞いてくださったり、岳さんのいろいろなお話を伺ったり。それによって私も身体がほぐれるというか。温かさをいただいて、それを(自分が演じる)薫に還元していこうって思えたというか。すごく心強かったです」

●CMではあの大物女優と共演!

――「三井のリハウス」のCMで樹木希林さんとご一緒した感想は?

「樹木さんもずっとお会いしたかった方で、一番最初に「このCMは田辺桃子をかわいく映す作品にするから」とおっしゃってくださって。そこでまず、私の名前をフルネームで言ってくださったことに感動しました。もう、「よろしくお願いします!!!!!」みたいな(笑)。そんな状態から始まって、撮影前は緊張しかなかったんですけど、(撮影現場の)家の中に入った瞬間、樹木さんのオーラに包まれて。部屋の階段も床も、全てに“樹木さん愛”が充満していて、なぜかそこから緊張が消えました。なので、撮影中は樹木さんのことを私のおばあちゃんだと思って演じることができました」

――CMは周りからの反響も大きかったのでは?

「最初、私だって分からない方が多かったと思うんですよ。顔つきも多分違ってて、自分でも「あ、これ自分じゃないな」って思ったくらいで。でも、「リハウス(のCM)出てたね」とか「あのCMすごく好き」と言ってくださる方が多くて。第2弾のお話をいただいたときも、リハウスの方や代理店の方が、あのCMを作ってよかったとおっしゃってくださって。それを聞いたときは、作品としてもそうだし、30秒というすごく短い中で、愛情や温かさが伝わったのかなって、少し自信に繋がったりしました」

●普段は普通の女子高生

――注目のドラマやCMに出演することで、学校のお友達からも何か言われることが多いのでは?

「あ~、何だろう、みんなあまりドラマとかテレビを見てないんですよね。今までも、ドラマ出てたねとか、CM見たよとか、ほとんど言われたことがないんです。だから、学校だと普通の高校生として過ごしてます」

――言われないと逆に寂しくなったりはしないですか?(笑)

「でも、逆に学校では普通の女子高生でいたいんです。むしろ、そういう普通の学校に通っている中で感じることとか言葉遣いとかを、演技に生かせたらいいなと思っているので」

――例えば、どんなことが生かせそう?

「例えば、好きなアーティストの話だといきなり熱量が上がるとか、でも携帯を触り出すと静かになるとか(笑)。イマドキの女子高生を観察して、これは使えそうと思ったものを吸収してます」

●「女の子っぽい趣味がないんです」

――女優のみならず、モデルとしても活躍していますが、最近ハマっているものや、気になっていることはありますか?

「私、女の子っぽい趣味がないんですよ(笑)。コスメとかネイルとかは好きなんですけど、新作をいち早く買ったり、何かを集めたりってことはあんまりなくて。どちらかというと、本当に気に入ったものを何回もリピートして買うタイプ。洋服も同じで、一目惚れして買うってことはないですね。子供のころ、一目惚れで買った服を全然着なくて、母親にすごく怒られたことがあるので(笑)。最近は、気に入ったものを見つけたら、一度帰って考えて、それでもってなったらまた買いに行く。それでなくなってたら、これは縁がなかったんだなって」

――田辺さんは現在高校3年生ですよね。高校生のうちにやっておきたいこと、この先やってみたいことなどはありますか?

「高校生のうちにと限ったわけじゃないですけど、自分の表現力を上げることと、語彙力をもっと増やすこと、それから、もうちょっと英語がしゃべれるようになりたいなって思ってます」

――いずれ海外の作品に出てみたいという気持ちも?

「そうですね。あとは、この先のことだと、本気で踊るダンスの映画とかミュージカルをやってみたいです。ほかにも、好きで撮っている写真をいつか写真集として出せたらいいなとも思うし、“何でも書いていいノート”に書き溜めてる言葉を集めて、詩集とかも出してみたいですね」

最終更新:5/30(火) 18:27
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)