ここから本文です

ジャクリーヌ・ケネディ愛用のカルティエのタンクがオークションに

5/24(水) 20:41配信

エスクァイア

第35代大統領ジョン・F・ケネディの夫人であり、1961~1963年までの間ファーストレディであったジャクリーヌ・ケネディの愛用品が出品されるそうです。

 永遠のスタイルアイコンとして今もなお人気を誇る、ジャクリーヌ・ケネディ。彼女が愛用していた時計はカルティエのタンクシリーズで、70年代に撮影されたジャクリーヌの写真にも度々登場しています。 
 
 そんな彼女の愛用ウォッチとオリジナルの絵画が、現地時間2017年6月21日(水)に開催される、クリスティーズのオークション「レア・ウォッチズ・アンド・アメリカン・アイコンズ(Rare Watches and American Icons)」に出品されることが明らかになりました。 
 
 推定落札価格は2点合わせて、60,000~120,000ドル(680万~1,360万円)だと言われています。

その品は、ラジウィル王子とジャクリーヌが互いに交換したギフトでした。

 「海兵隊士官は50マイル(80キロ)のハイキングを20時間以内に完歩しなければならない」というセオドア・ルーズベルトが1908年に発令した大統領令からインスパイアされたジョン・F・ケネディ大統領は、1962年、当時のアメリカ海兵隊やホワイトハウスのスタッフ、またアメリカ国民に対し、再びこのチャレンジに挑むよう呼びかけたのでした。 
 
 また、体がなまっていた義理の弟スタニスラス・ラジウィル王子と親しい友人のチャールズ・F・スポルディングにも声をかけたそうです。

 そんな挑戦状を受けたラジウィル王子とスポルディング氏は、1963年2月23日、パームビーチのサンシャイン・ステイト・パークウェイを午前2時5分に出発し、ゴールを目指すことに。ハイキングブーツを履き、気合いの入る2人だったのですが、実際はまさにセレブ。車で側近を同行させては、ステーキやらシャンパンやらオレンジジュースなど、必要なものがあれば無線で大統領にリクエストするゴージャスなハイキングだったのです…。 
 
 それにジャクリーヌや彼女の妹リー・ラジウィル、ケネディ大統領自身も度々応援に駆けつけたのだそう。 
 
 その甲斐あって彼らは午後9時35分、80キロのハイキングを19時間30分でゴール。それを記念し、ラジウィル王子とジャクリーヌはギフトを交換したのです。ラジウィル王子はジャクリーヌに、「スタースからジャクリーヌへ 1963年2月22日午前2時5分から午後9時35分」と刻まれたカルティエのタンクシリーズの時計を。ジャクリーヌはラジウィル王子に、「1963年2月22日午前2時5分から午後9時35分/ジャクリーヌからスタースへ、愛と称賛を込めて」というメッセージ入りの絵画をプレゼントしたのでした。 
 
 そんなプライスレスな価値をもつ逸品が、ついにオークションに出品されます! 一体、いくらで落札されるのでしょうか? 要注目です。

ESQUIRE JP/Town & Country

最終更新:5/24(水) 20:41
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

2016年10月発売号

価格1200円

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます