ここから本文です

メルセデス・ベンツのオプションとしては格安!? Mercedes-Benz ×VAIO Zコラボモデル登場!

5/24(水) 17:30配信

エイ出版社

メルセデス・ベンツ公式として100台限定で受注生産

メルセデス・ベンツとVAIOのコラボモデルVAIO Zが、限定100台で発売される。
(https://vaio.com/products/z131/#mercedes)

受注開始は2017年5月24日AM11:00~。すぐにオーダーした場合の、最速入手日は6月6日。

販売先はAmazon.co.jpのメルセデス・ベンツ日本公式オンラインストア( http://amzn.to/2rOukkm )のみ。

ベースモデルはVAIO ZのCore i7モデルと、Core i5モデル。さらに、300SLモデルと、Vision Tokyoモデルがあり、計4種類。受注生産なので、オーダーがあってから、この4種類を作り分けるので、合計での生産量が100台という設定。VAIO Zをベースにさまざまな、専用の意匠が施されている。

レーザーエングレーブが施された2種類をラインナップ

一番印象的なのは、外面にほどこされているレーザーエングレーブ。

当初はここにスリーポインテッドスターを入れる案もあったとのことだが、スリーポインテッドスターはトラックパッドに配して、むしろオーナーがいつも目にできる方向のデザインになったという。

クラシカルな300SLは、今も脈々と続くプレステージ性の高いクーペモデル。1954年に登場したガルウィングモデルの写真を刻印している。ガルウィングはこけおどしではなく、車体剛性を高めるために、サイドシルの高さを確保したため、それでも十分な昇降性を得るために開発されたものなのだそうだ。

この刻印は写真を元に、レーザー刻印で美しく見えるようにさまざまな部分を微調整して、図案化しているのだそうだ。特にヘッドライトやガラス面の写り込みには苦労したのだそう。また、Vision Tokyoモデルより刻印は浅くして、色味も穏やかにしているという。

メルセデス・ベンツの伝統を象徴するのが、300SLだとすれば、革新性を象徴するのがVision Tokyo。このクルマは2015年の東京モーターショーで発表されたデザインスタディ。

洗練された都市型生活に活用される、優れたスペース効率、多目的性を有し、知能を持つコネクト機能を備え、自動運転にも対応した2030年以降の東京をイメージしたモデルとしてデザインされている。

メルセデス・ベンツが都市の名を冠したコンセプトモデルを作るなんて、非常に珍しいので、印象に残ってる人も多いのではないだろうか?

この未来的なモデルと、先進的なVAIOとの組み合わせもまた、非常によく似合う。

1/3ページ

最終更新:5/25(木) 20:40
エイ出版社