ここから本文です

期待裏切るインテル20歳FWが試合中にベンチを去る暴挙 「無礼で不適切だった」と翌日に謝罪

5/24(水) 7:40配信

Football ZONE web

ラツィオ戦で起用されないことに激怒したガビゴルが、フェイスブックで謝罪文を公表

 日本代表DF長友佑都の所属するインテルのブラジル代表FWガビゴルこと、ガブリエル・バルボサが21日の敵地ラツィオ戦でベンチスタートとなったが、途中出場で起用されずに激怒。試合終了前にロッカールームへ引き上げる暴挙に出て、謝罪する羽目になっている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 20歳のガビゴルは、昨年の8月30日にブラジル名門サントスから移籍金2950万ユーロ(約37億円)で鳴り物入りで加入した。2016年リオデジャネイロ五輪でサッカーブラジル代表の史上初の金メダルに貢献した新鋭は、バルセロナ、ユベントスも争奪戦に参戦するほどの期待の逸材だったが、加入1年目の今季はわずか9試合出場1得点という完全な期待ハズレとなっている。

 そんなガビゴルは、ラツィオ戦で騒動を起こした。インテルが3-1でリードし、相手が二人の退場者を出す圧倒的に有利な状況で、ステファノ・ヴェッキ暫定監督は後半41分にチリ代表DFガリー・メデルに代えて、アルゼンチン代表MFエベル・バネガを起用し交代枠3枚を使い切った。

 すると出番のないことに激怒したガビゴルは、試合中にもかかわらずロッカールームに憤然と引き上げた。そして試合翌日に自身のフェイスブックを更新し、謝罪文を公表している。

ピッチ外でのお騒がせが続くが…

「インテリスタの皆さんとチームメートの皆さん、昨日のラツィオとインテル戦の途中に興奮状態になってしまった。試合が終わる前にピッチを去るという、無礼かつ不適切な態度を見せてしまった。自分の決断から興奮を排除すべきだった。家族のサポートと冷静さを取り戻したことで、スポーツとプロ意識とは真逆の行為だったと気づきました」

 ガビゴルは自身の暴挙を恥じ、「私は自分のミスを認めて、ネラッズーリ(インテルの愛称)に関わる全ての人に心からの謝罪をしたい。そして、チームメートにも」と謝罪するに至った。

 ブラジル代表FWネイマールの妹とのキス写真をSNS上で公開するなど、ピッチ外で話題を振りまくガビゴルだが、来季こそ期待通りの働きを見せてくれるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/24(水) 11:11
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新