ここから本文です

新感覚クロスワードアプリ「Typeshift」の、遊び心溢れるスマートなゲームデザイン

5/24(水) 17:31配信

WIRED.jp

ランダムに駒の種類と配置が変わるチェスなど、茶目っ気溢れるゲームアプリを開発してきたザック・ゲージ。彼の新しいゲーム「Typeshift」はシンプルでありながら、従来のクロスワードのある問題点を解決した単語ゲームアプリだ。

ヒト対ロボット、圧倒的なルービックキューブ対決の動画

優れたパズルゲームのほとんどがそうであるように、「Typeshift」のルールは見た目よりシンプルだ。プレイ画面には無意味な文字が並んでいるように見えるが、実は文字の縦列が連結しており、上下に移動できるようになっている。左から右まですべての文字を正しく並べると、意味のある単語か熟語が現れるというゲームだ。

モバイルゲームの場合、機能をひとつに絞ることが人々を惹きつける要素だ。通勤中の暇な数分間で、無秩序な文字列に秩序を与えることができる。同時に、単語を学ぶこともできるかもしれない。しかし、それだけではない。このゲームの作者ザック・ゲージは、スマホ向けゲームアプリの“王者”なのだ。

ゲージは実験精神あふれるシステムデザイナー兼モバイルアプリ開発者で、おなじみのアイデアを意外なところにもちこむことを得意とする。そして彼のつくるゲームには茶目っ気がちりばめられている。

ゲームデザインはある意味、問題解決の訓練である。ひとつのゲームが何をどのように解決しようとしているかを考えることで、そのゲームについて深く理解できる。たとえば、Typeshiftの前に公開されたゲームアプリ「Really Bad Chess」は、駒の初期配置と種類がランダムに選ばれるチェスだ。これはチェスの予測可能性という問題に対処したゲームである。本物のチェスでは、プレイヤーが強くなるほどゲームがオーソドックスになり、すでに検証された戦術を使うようになる。そしてゲージはこの問題を解決するため、チェスのルールを守りながらも予測を不可能にする不確定要素を盛り込んだのだ。

Typeshiftのターゲットはクロスワードパズルだ。文字を並べるパズルをすべてクリアすると、次は「ヒント」付きのパズルに挑戦することになる。クロスワードパズルのように、文字の塊と一緒にヒントの一覧が表示されるのだ。正しい答えを入力すれば、使用しない文字とともにヒントが消える。

1/2ページ

最終更新:5/24(水) 17:31
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。