ここから本文です

データのバックアップに勤しむ「ウェブアーカイヴァー」たちの闘い

5/24(水) 18:10配信

WIRED.jp

トランプ大統領の当選後、消去される危険性があるとみなされた政府のデータを“救出”するイヴェントが、米国各地で展開された。こうした活動に加わる「ウェブアーカイヴァー」が増える一方、古くから活動してきた者たちはアーカイヴの限界も感じている。いま、データを守るために本当にやらなければならないこととは。

密着! 「トランプ対抗ハッカソン」の一日

米航空宇宙局(NASA)の無人月探査機「ルナー・リコネサンス・オービター」(LRO)に搭載されたデータレコーダーは、少なくとも1日に2回、ニューメキシコ州ホワイトサンズにあるステーションに衛星画像を送信する。送られてきたデータは、メリーランド州のゴダード宇宙飛行センターに転送され、さらにアリゾナ州立大学のコンピューターに送られる。ここからさらに2件のコピーが、学外のとある建物に送られ、アクセスが制限された複数のコンピューターシステムに保存される。

そのデータを、LROのカメラを管理するチームの研究者、マーク・ロビンソンが分析する。ロビンソンのチームは、元画像と調整された画像を、誰もがアクセスできるNASAのウェブページに3カ月ごとにアップロードする。

実に5重ものバックアップである。「このデータは決して誰にも削除できないでしょう」と、ロビンソンは語る。「データの保存に、わたしは人生を捧げてきました。建物は壊れるかもしれない。コンピューターは動かなくなる。けれども、LROカメラのデータはそれでも残るのです」

活動家たちの空回り

そもそも、連邦政府の記録を消すのは違法だ。記録に不正があった場合は、国立公文書館の監察総監室が調査を行い、場合によっては訴訟になる。さらにNASAの場合は、すべてのデータセットを政府の複数の研究施設と全国の学術機関と共有し、厳重なバックアップ体制を敷いている。ウェブページの1つや2つが行方不明になったとしても、すべてのコピーを簡単に消すことはできない。それほどまで厳重にデータは保護されているのだ。

それではなぜ、2017年2月11日(米国時間)にカリフォルニア大学バークレー校で行われたデータ救出イヴェント[関連記事]で、データを守る活動をしているウェブアーカイヴァーたちは、大気中の二酸化炭素に関する一連のデータが行方不明であると警告したのだろうか。

実際のところ、データは消えていたわけではなかった。地球観測システム(EOS)のサイト全体が2013年1月に再設計され、NASAが新しい場所にデータを移していたからだ。中身が空っぽになっているとウェブアーカイヴァーが疑っていた地球変動データセンター(GCDC)の記録も、そもそも科学者がしかるべき場所にファイルを保存していなかったことが原因だった。

2016年11月の米大統領選挙の夜以降、トランプ大統領の政策に基づいて「消される」恐れが出てきたデータを守るため、全米で開かれたイヴェントに多くの人が集まり、これらのデータを大量にバックアップしている。なかでも気候変動や銃による暴力などに関する記録については、政府のウェブページで生じたあらゆる「404エラー」(データが存在しないことを示す)に対して、参加者たちはデータ消去の可能性を疑った。だが実際のところ、404エラーはデータが“捨てられた”証拠とは限らない。変わったのはデータの保存場所ではなく、サーヴァーの設定といった周辺環境かもしれないのだ。

1/2ページ

最終更新:5/24(水) 18:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc