ここから本文です

レスター岡崎が退団する同僚へ惜別メッセージ 尊敬するDFを勝利で送り出せず悔しさも…

5/24(水) 16:40配信

Football ZONE web

クラブ公式サイトで語る 最終節で「勝てなかったことが少し残念だった」

 レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司が、今季限りで退団を明言している同僚へ惜別メッセージを送っている。クラブ公式サイトがインタビューでのコメントを伝えている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 岡崎の所属するレスターは、ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ2016-17シーズンを12位で終えた。序盤は残留争いの渦中でもがき苦しみ、優勝監督のクラウディオ・ラニエリ前監督が更迭されるなどの受難の時も過ごしたが、クレイグ・シェイクスピア監督就任を機に安全圏への浮上に成功した。

 リーグ最終節のボーンマス戦は1-1で終了。岡崎は6試合ぶりに出番なしだった。クラブ公式チャンネル「LCTV」のインタビューで、シーズンの締めくくりとなったこの一戦について、ピッチの外から見た感想を述べている。

「スタートが悪かったけど、後半はとても良かった。2-1で勝てたかもしれなかった。自分たちのフットボールができて、パフォーマンスには満足だけど、勝てなかったことが少し残念だった」

「彼はプロフェッショナル」

 岡崎はリーグ最終戦での勝利を、“ある男”に捧げたいと考えていたようだ。それは今季限りでクラブを去ることが決まっている元ポーランド代表DFマルチン・ヴァシレフスキだ。レスターがまだ2部時代の2013年から在籍している36歳のベテランCBのために、チームは団結していたと岡崎は語っている。

「自分たちはとてもいいプレーをした。それは特にヴァシレフスキのラストゲームだったから。力強かった」

 ともにプレミアリーグ優勝メンバーとなった同僚に対し、岡崎は「彼はプロフェッショナルで、リスペクトしている。毎日、一生懸命トレーニングしているんだ」と尊敬の眼差しを向けていた。

 昨季リーグ制覇後に、主力の流出はフランス代表MFエンゴロ・カンテ(チェルシー)一人に止めたレスターだが、以前から移籍の噂が絶えないMFリヤド・マフレズやFWレオナルド・ウジョアには改めて移籍のニュースが取り上げられるようになっている。岡崎にとって2年間ともにプレーしてきた戦友たちとの別れの時期が、近づいているのかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/24(水) 16:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新