ここから本文です

ジーコらブラジル英雄3人がレアル移籍の16歳神童FWの将来危惧 「注意深く見守らないと」

5/24(水) 20:00配信

Football ZONE web

セレソンの将来を担うと嘱望されるFWヴィニシウス・ジュニア

 レアル・マドリードは23日、ブラジルのフラメンゴからU-17ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニアと2018年7月からの移籍で合意に達したと発表した。セレソンの将来を担うと嘱望される16歳神童に対して、元日本代表監督のジーコ氏ら母国のレジェンドが今後を展望している。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 4500万ユーロ(約56億円)とも言われる移籍金で白い巨人の一員となったヴィニシウスに対してコメントを寄せたのは、ジーコ氏、“アニマル”として知られた悪童エジムンド氏、そしてべベット氏だ。Jリーグに所属経験のある3人は若き日の頃から台頭し、ブラジル代表の栄光の歴史を築き上げてきた。それだけに逸材の未来について勘案しているようだ。ジーコ氏はこのように話している。

「彼には大きな期待がかけられている。だからこそ彼を注意深く見守らないといけない。彼は16歳だ。人々は彼にプレッシャーをかけ、プレーしなければならないという。確かにコンディションはある程度良いだろう。ただ我々は冷静にならないといけないし、彼は20歳以下のチームでやっていたことと同じように接さなければならない」

 このように過度な期待は禁物とした。エジムンド氏、べベット氏も期待と危惧の思いを同時に持っている模様だ。

「俺は、その判断はギャンブルだと思う」

「レアル・マドリードは、彼がバルサに契約するリスク、宝石を奪われるのを避けたかったのだろう。彼らは(カリム)ベンゼマやクリスティアーノ・ロナウド、その他の選手の代わりを探したいんだろう。彼らは若返りを必要とし、ヨーロッパの他クラブに奪われたくないと思った。ただ俺は、その判断はギャンブルだと思う」(エジムンド氏)

「僕自身も彼と同じ年齢でプロとしてプレーしていた。僕自身もヴィニシウスを知っている。彼はとても良いヤツで、落ち着いていて、頭もよい。とても素早くてインテリジェンスのある選手で、ゴールを奪う術も知っている。彼は全てにおいて偉大な選手になれる。もし家族と一緒に過ごせないなら、だいぶ難しいだろう。ただ彼は頭が良いから大丈夫だと思うけど」(べベット氏)

 サッカー選手としての実力を認めるとともに、10代にして過度な注目を浴びる立場になってしまったヴィニシウスの状況を慮っている。かつてセレソンの中軸を支えたレジェンドの言葉は、過熱する各国メディアに対しての“警鐘”なのは間違いない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/24(水) 20:00
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新