ここから本文です

バイエルン、19歳“至宝”をわずか1年で移籍容認? ブラジル代表FWも放出候補に

5/24(水) 16:00配信

フットボールチャンネル

 バイエルン・ミュンヘンは2人の代表選手を放出する準備があるようだ。独紙『キッカー』が報じている。

3位C.ロナ、2位ベイル、1位は…移籍金歴代トップ10

 その2人とは、ポルトガル代表MFレナト・サンチェスとブラジル代表FWドグラス・コスタである。同紙では、来季のバイエルンはドイツ代表MFヨシュア・キミッヒとフランス代表FWキングスレー・コマンに多くのチャンスを与えるとされており、D・コスタとサンチェスは同クラブでの活躍が見込めないだろうと分析している。

 なお、両選手は条件の良いオファーが来た際には移籍を容認されているようだが、現在のところ公式な条件提示をするチームはない模様だ。

 今季よりバイエルンに加入したサンチェスは公式戦25試合に出場するもスタメンがわずか2試合にとどまった。以前、そんな19歳のヤングスターに対してマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が興味を示していた。

 また、D・コスタも公式戦に34試合に出場したものの、1試合平均54分と選手層の厚いバイエルンでレギュラーを獲得出来なかった。なお、26歳のドリブラーにはユベントスやリバプールなどが興味を持っている模様だ。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)