ここから本文です

勝敗分けた「ミスを点差にする差」 U-20日本代表監督がウルグアイ戦の決定力不足を悔やむ

5/24(水) 22:42配信

Football ZONE web

U-20W杯第2戦で南米王者に0-2と敗戦 内山監督「30分過ぎからの失点で停滞」

 U-20日本代表の内山篤監督は、0-2で敗れた24日のU-20ワールドカップ韓国大会グループリーグ第2戦のウルグアイ戦について、「ミスを点差にするところの差」と、勝敗を分けたポイントを語った。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 初戦の南アフリカ戦は、前半7分という早い段階に先制されて苦しいゲームになった。それもあり「少し立ち上がりのところは前回より修正して悪くなかった」と話したが、前半38分にロングボール一発で背後を取られて失点。「30分過ぎからの失点で停滞してしまった」と悔やんだ。

 後半に入ると日本は、「後半は頭からボールを動かすことでサイドから」という指揮官の狙いもハマって何度となく敵陣に攻め込み、ゴール前のシーンも数多く作ったが得点を奪えず。そして逆に後半アディショナルタイムに決定的な2失点目を喫し、0-2とされて敗れた。

 勝負強さの違いを見せつけられるような展開に、「ミスを点差にしてくることが差になった。ボールを動かして相手を動かして、チャンスメークしていくということではあった。最後のところの決定力は課題ですけど」と、最終的にゴールを奪えるかどうかの部分での差だと語った。

 これで日本は、同じく1勝1敗のイタリアと第3戦を戦う。勝負強さと効率性を伝統的に持つイタリアに対し、ヤングジャパンは課題を克服することができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/24(水) 23:41
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新