ここから本文です

【U20】「相手は決めるべきところで決めた」。ウルグアイとの決定力の差を悔やむ中山雄太

5/24(水) 22:18配信

フットボールチャンネル

 U-20ワールドカップ(W杯)・グループD第2節の試合が24日に行われ、U-20日本代表はU-20ウルグアイ代表に0-2で敗れた。

日本得失点差で3位に【U-20W杯】グループステージ最新順位表

 前半の早い時間にエースのFW小川航基を負傷で失うというアクシデントに見舞われた日本は、前半38分に先制点を許してしまう。後半には攻勢に立ったが決められず、終了間際には追加点を奪われて敗れる結果となった。

「相手は決めるところで決めて、耐えきるところで耐えきった。僕らは耐えきれず、得点も奪えなかった。ゴールへの質に差があった」とDF中山雄太は試合後にコメント。ゲーム運びや決定力の面でウルグアイに力の差を見せられたことを敗因に挙げた。

 この日はキャプテンマークを巻いて試合に臨んだ中山だが、チームを勝利に導くことはできず。「(初戦の)南アフリカ戦は勝ったが課題の残る試合だったので、気持ちを引き締めて臨みたかったが、結果に繋がらず残念です」と悔しさを見せた。

「今日は負けたが、反省として次に活かしたい。全員で一丸となって、切り替えて勝つしかない」と中山。27日に行われるグループ最終戦、決勝トーナメント進出を懸けたイタリア戦での必勝を誓っている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)