ここから本文です

ユーベの「6連覇メンバー」からファンがベスト11を選出! 貢献1年のデル・ピエロはなぜ入った?

5/24(水) 19:14配信

SOCCER DIGEST Web

国内二冠を達成し、6月3日のCL決勝に臨む。

 国内二冠を達成し、現地時間6月3日のチャンピオンズ・リーグ(CL)でクラブ史上初となる三冠を目指すユベントス。向かうところ敵なしのイタリア王者が快進撃を始めたのは、アントニオ・コンテ前監督(現チェルシー)が就任した2011-12シーズンのことだった。
 
 それから、ユーベは常にイタリア国内で他を圧倒し、前人未到のリーグ6連覇という偉業を成し遂げた。ジャンルイジ・ブッフォン、アンドレア・バルザーリ、レオナルド・ボヌッチ、ジョルジョ・キエッリーニ、クラウディオ・マルキージオ、シュテファン・リヒトシュタイナーの6人は6年連続でスクデットを手にしている。
 
 もちろん、彼ら以外にも、ユーベの覇権に貢献した英雄は数知れず。アンドレア・ピルロ(現ニューヨーク・シティ)、ポール・ポグバ(現マンチェスター・ユナイテッド)、アルトゥーロ・ビダル(現バイエルン)、カルロス・テベス(現上海申花)、そしてアレッサンドロ・デル・ピエロ(引退)といったビッグネームの名前はすぐに出てくるのではないだろうか。
 
 では、そんな6シーズンのユーベのベストイレブンを選ぶとしたら、どのような顔ぶれになるのだろうか。イタリアの『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙の電子版が、興味深いアンケートを実施した。
 
 常にゴールマウスを守ってきたブッフォンを除き、DF、MF、FWの3部門で投票を募ったのだ。日本時間5月24日の昼の時点で約1万人弱のサポーターが回答している。
 
 同紙が選んだシステムは、この6年で最も多く採用された3-5-2。守備陣は、6連覇を成し遂げた原動力であるバルザーリ、ボヌッチ、キエッリーニの“BBCトリオ”が選出された。得票率の内訳は、ボヌッチが34.5%、キエッリーニが31.7%、そしてバルザーリが30.4%となっている。中盤の両翼も、アレックス・サンドロ(得票率16.2%)とダニエウ・アウベス(13.6%)と現チームのレギュラーが占めた。

1/2ページ

最終更新:5/24(水) 19:22
SOCCER DIGEST Web