ここから本文です

iPhone専用ブラウザー Safariより便利なタブ機能

5/25(木) 7:47配信

NIKKEI STYLE

 iPhoneのブラウザーとしては、標準の「Safari」を使っている人がほとんどだろう。しかし、iPhone向けSafariは使い勝手が今ひとつと僕は思っている。日常的に使っているとやたらにタブが増えてしまい、閉じるには画面右下の「タブ」アイコンをタップし、タブの一覧から削除したいタブを一つずつ消していかなければならない。かなり手間と感じるのだ。

 タブの切り替えも同様だ。iPhoneのSafariでは、開いているページが画面いっぱいに表示されるため、タブの切り替えには、削除同様、画面右下の「タブ」アイコンをタップし、表示したいタブを選ぶという段取りが必要になる。おなじみのパソコンのブラウザーなら、画面の上部に並んだタブをクリックするだけでページを閉じたり切り替えたりできる。

 実は、そんなパソコンライクな使い方をiPhoneでも実現したブラウザー「Smooz」がある。SmoozがSafariと違うのは、iPhoneでも画面上部にタブが表示されること。基本的な使い方はパソコンのブラウザーと同じで、画面上部に並んだタブをタップするだけでページを切り替えられるのだ。また、画面を左右にスワイプしても切り替えが可能で、とても分かりやすい。

■タブの整理が簡単に行える

 ウェブサイト上のリンクをタップすると普通にリンク先のページが表示されるのだが、リンクを長押しすれば新たなタブで開ける。パソコンで右クリックや「Ctrl」キーを押しながら新しいタブを開くのと同じ感覚だ。Safariでも長押しでポップアップを表示させると同様の操作ができるが、Smoozのほうがワンアクション少なくて素早い。

 Smoozでも使っているうちにどんどんタブが増えていく。数が増えすぎたら、不要なタブだけを閉じたい。そんなとき役立つのが「タブの管理」機能だ。開いているタブをリストで一覧表示して不要なものだけを閉じられるのだ。タブの順番を入れ替えたり、一定の時間が経過したタブを自動的に閉じて整理したりもできる。

 また、閉じたタブは画面上部の「過去のタブ」に並ぶので、誤って閉じたときや、もう一度見たいと思ったときに便利だ。使い方もとてもシンプルで、ウェブでの情報探しがかなり楽になる。

1/2ページ

最終更新:5/25(木) 7:47
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。