ここから本文です

初夏が旬! 富良野の絶景と食が楽しめるスポット4選

5/25(木) 7:00配信

東京ウォーカー

北海道の観光地の中ではいつもトップクラスの人気を誇る富良野エリア。年間を通して楽しめる人気観光地ですが、やはり初夏の花の季節の景色は格別です! 旭川空港へのアクセスが便利なため首都圏からも気軽に訪れることができますよ。そんな、富良野エリアのおすすめスポットを4つ厳選してご紹介します。

ファーム富田/トラディショナルラベンダー畑

■ 上野ファーム

旭川を起点にするのならぜひ寄りたいのがここ。上野ファームが考える、北国ならではの開花期や鮮やかな花色など、北海道の気候風土で育つ植物が作り上げる庭を見学できます。写真の「ノームの庭」は300品種以上の植物が楽しめる北海道型のナチュラリスティックガーデン。季節ごとに開花する宿根草を中心に庭を作り、苗やギフトを扱うショップも人気!

■住所:旭川市永山町16-186 ■電話番号:0166・47・8741 ■営業時間:10:00~17:00 ■休み:10/16~4/20(カフェは通年営業、冬期間は月曜休み) ■入場料:800円

■ ファーム富田

もはや富良野の代名詞とも言える存在の観光ファーム。写真のトラディショナルラベンダー畑の最盛期は7月上旬から下旬。ファームを埋め尽くすラベンダー畑の景観はまさに圧巻です。ラベンダーのほか、ポピーやカスミ草、秋にはクレオメやコスモスなどが所狭しと咲き誇ります。ポプリやルームフレグランスなど、豊富なラベンダーグッズはおみやげにも最適。

■住所:中富良野町基線北15号 ■電話番号:0167・39・3939 ■営業時間:各施設によって異なる ■休み:11/6~4/13まで冬期休業 ■入場料:無料

■ フラノマルシェ2

2015年6月にオープンした「フラノマルシェ2」。洋食レストランやカフェ、テイクアウト店、生活雑貨店などが10店舗集まった複合施設。既存の「フラノマルシェ」に加えて、地元のおいしいもの、楽しいものがより楽しめるスポットになりました。

■住所:富良野市幸町8-5 ■電話番号:0167・22・1001 ■営業時間:9:00~19:00、9/25~6月中旬は10:00~ ■休み:なし(但し11/27~12/1は館内メンテナンスのため休館)

■ ふらのパティスリートロン

2015年にオープン。原材料を富良野とその近隣のものにこだわり、常に「富良野らしいスイーツ」を作るのが売り。同店人気ナンバーワンの「ふらの牛乳のとろんプリン」(写真、270円)はミルク感たっぷりでコクのあるなめらかな口当たり。約20種の手作りスイーツのほか、絶妙バランスのクリームがたっぷりの、とろんシュークリーム(130円)もおすすめです。また、6月下旬からは富良野で開発された新種いちご「夏瑞(なつみずき)」を使用した「富良野産夏瑞(なつみずき)生いちごソフトクリーム」(580円)も販売予定(いちごの入荷次第の販売となるため、販売時期は多少前後する場合があります)。

■住所:富良野市幸町1-23 ■電話番号:0167・56・7883 ■営業時間:10:00~19:00 ■休み:火曜(不定休有り) ■席数:7席(禁煙)

一面に花が咲き誇る初夏の富良野、是非訪れてみてくださいね!

【北海道Walker編集部】

最終更新:5/25(木) 18:48
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

毎日食べたいパンを見つけよう
“したくなる”読書のススメ
美術館で「君の名は。」に再会
WEEKEND TRIP金沢