ここから本文です

”国民車”が4年ぶりに刷新! VWから新型ゴルフ登場

5/25(木) 13:44配信

東京ウォーカー

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、ドイツ・フォルクスワーゲンの代表車種「Golf」を約4年ぶりに刷新し、5月29日(月)から販売を開始すると発表した。価格は249万9000円~。

【写真を見る】新型Golfのドライバーズシート。メーター部に12.3インチの大型ディスプレイを配置!

「Golf」は、1974年(日本発売開始は1975年)に初代が発売されて以来、40年以上に渡って3,300万台以上が生産されている世界的なベストセラーカー。我が国でも累計で約85万台以上が輸入・販売。日本でもっともポピュラーな輸入車といえる。

新型Golfには、メーター部に12.3インチの大型ディスプレイを配置することで、直感的な操作を可能にする先進のデジタルインターフェースを採用。車両情報はもちろんのこと、カーナビゲーションなどを表示することが可能。センターに配置したタッチスクリーンも大型化され、より視認性を高めると共に、同社初採用となるジェスチャーコントロールも可能だ。また、同乗者がスマートフォンでナビゲーションなどの設定を可能とするアプリケーションも登場する。

また、運転支援や安全装備も充実。渋滞時の自動追従システムをはじめ、歩行者検知機能をつけたエマージェンシーブレーキを搭載する。

外観もヘッドライトにLEDを採用したほか、バンパー形状も変更され、精悍かつスポーティーな印象を与えるものへと変わった。

走りの面でも抜かりはない。人気のスポーツモデルでは、エンジンを強化され、GTIでは10馬力アップの230馬力、GOLF Rでは30馬力アップの310馬力の強心臓が与えれた。GOLF Rでは、さらに新開発の7速DSGが与えられ、より走りが楽しめるようになった。

カラーリングも、ターメリックイエロー、アトランティックブルーメタリック、ホワイトシルバーメタリックの3色が追加され9色展開となった。

発表会に登壇したフォルクスワーゲングループジャパンのティルシェア社長は、「ゴルフは開発当初から大きな課題をつきつけられてきました。それはビートルというVWの象徴を超えること。結果、ゴルフは唯一無二の存在となりVWの象徴となると共に、コンパクトカーの代名詞となりました。いっぽうで、新型ゴルフにはゴルフを超えることが求められると共に、ゴルフの良さを引き継ぐことが求められました。今回の新型ゴルフは、先進の安心技術を導入して進化し、ゴルフを超えることができました。ぜひ実車で体験してください」と熱く自信のほどを語った。

今年はティグアン、UP!、GOLFと新型車を続々上陸しているフォルクスワーゲン。

今週末の土曜日と日曜日には、お台場で試乗可能な大規模なカスタマーイベント「フォルクスワーゲン・デイ」が行われるので、会場でその魅力に触れてみてはいかが。【ウォーカープラス編集部】

最終更新:5/25(木) 13:44
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

最高の休日を過ごしたい
シアワセを生む睡眠
パリ発の“紙”ブランドとは?
BEST of 美術展