ここから本文です

吉田鋼太郎ら7人の名脇役たちが「俺でいいのか⁉︎」夢の初主演をつかむまで

5/25(木) 16:30配信

週刊女性PRIME

 名脇役として知られる升毅が、公開中の映画『八重子のハミング』で初主演を果たした。実はここ数年、升のように長年のキャリアを経て、ドラマや映画の主役をつかむベテラン俳優が目立っている。

 笹野高史もそのひとりだ。

「舞台、映画、テレビとジャンルを問わず活躍しています。どんな役柄でも独特の味わいを見せ、来る仕事を拒まないことから“ワンシーン役者”を自称していますよ」(芸能プロ関係者)

 そんな笹野は、'15年の映画『陽光桜』で初主演を務めた。同作の監督である高橋玄氏は、彼の主役としての現場での気配りに感心したそうだ。

「自前で現場にお昼のお弁当を差し入れしたり、打ち上げの際にも自前で現金10万円を出してじゃんけん総取りのゲームを企画していました。これまで大物俳優の脇役をされていたので“こういうことを自分もしよう”という思いだったのかもしれません」

 続いて、岩松了。'80年代に演出家として世に出て、脇役としてもシュールなボケで評判を得ていたが、'13年に映画『ペコロスの母に会いに行く』で初の主役をゲットした。

 当時61歳で、ふだんは監督もこなす立場とはいえ、主役は勝手が違ったようで、

「劇中で歌うシーンについて“撮影が終わってホッとしているけど、またもう1曲歌うシーンがあるので完璧にしなければならないです”と不安そうでした。やはりプレッシャーがあったのではないでしょうか」(スポーツ紙記者)

 かと思えば、舞台志向が強くテレビ嫌いを公言していた人もドラマの主役に。“日本を代表するシェークスピア俳優”とも呼ばれる吉田鋼太郎だ。過去の雑誌のインタビューでは、こんな回想を。

《当時は“扱い”の格差が歴然とあり、駆け出しのころに、テレビにちょっと出たときの格差が、僕はすごく嫌で》

 そんな彼が初の主役を勝ち取ったのは、'14年のスペシャルドラマ『東京センチメンタル』(テレビ東京系)だ。バツ3の自由気ままな和菓子職人を演じた。

「お酒が好きで女性が好きで、東京が好きで“こんなおじさんになっていたい”という理想像だったので、吉田さんは適任でしたよ。オファーには“俺でいいのか?”と思ったそうですけどね(笑)」(テレビ局関係者)

 一方、元・国鉄職員という異色の経歴を持つのが田中要次。27歳で俳優になり、'01年に木村拓哉主演のドラマ『HERO』(フジテレビ系)で注目された。

《役者として活動できているのは運の要素が強いですね。しかし、ただの映画好きや裏方で終わらなかったのは、出会った人との縁に救われてきたから》

 過去の雑誌インタビューで振り返ったものの、運や縁だけでは主役は回ってこない。

 今年8月に公開の映画『蠱毒ミートボールマシン』で初主演を果たす。

「中年男のダークヒーローを演じ、アメリカではワールドプレミアとなっています。会見では“『アベンジャーズ』の出演オファーが来ることを祈っています!”などと話していましたよ」(前出・スポーツ紙記者)

1/2ページ

最終更新:5/25(木) 16:30
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」9月5日号 /
毎週火曜日発売

定価390円(税込)