ここから本文です

ジロ・デ・イタリア第17ステージはローランが逃げ切って優勝

5/25(木) 9:55配信

CYCLE SPORTS.jp

フランスに今大会初勝利をもたらす

100回記念大会のジロ・デ・イタリア(UCIワールドツアー)は、5月24日にティラーノからカナッツェーイ(バル・ディ・ファッサ)までの219kmで第17ステージを競い、逃げ集団からゴールまで残り7.8kmでアタックしたフランスのピエール・ローラン(キャノンデール・ドラパックプロサイクリングチーム)が逃げ切って区間初優勝した。

集団は7分54分遅れでゴールしたが、マリア・ローザはオランダのトム・ドゥムラン(チームサンウェブ)が守った。

ローランはツール・ド・フランスで2011年と2012年に区間優勝したことはあったが、ジロで区間を勝ち取ったのはこれが初めて。フランスとっては今大会初の区間優勝となり、今年のジロはここまで11カ国の選手が区間優勝し、2010年に作られた最多記録に並んだ。

■ジロで区間初優勝したローランのコメント「とてもハッピーだ。今日は最初の逃げに加わっていたが、それを行かせて2つの峠の後の次のアタックを待ったのが良い決断だった。最後に的確な瞬間をつかむことができた。」

■第17ステージ結果[5月24日/ティラーノ~カナッツェーイ(バル・ディ・ファッサ)/219km]
1 ピエール・ローラン(キャノンデール・ドラパックプロフェッショナルサイクリングチーム/フランス)5時間42分56秒
2 ルイ・コスタ(UAE・チームエミレーツ/ポルトガル)+24秒
3 ゴルカ・イサギレ(モビスターチーム/スペイン)+24秒
4 ローリー・サザーランド(モビスターチーム/オースラトリア)+24秒
5 マッテーオ・ブザート(ウィリエールトリエスティーナ・セッレイタリア/イタリア)+24秒
6 ドリス・ デヴェニンス (クイックステップフロアーズ/ベルギー)+24秒
7 フェリクス・グロッシャルトナー(CCC・スプランディ・ポルコウィツェ/オーストリア)+24秒
8 オマール・フライレ(チームディメンションデータ/スペイン)+24秒
9 マイケル・ウッズ(キャノンデール・ドラパックプロフェッショナルサイクリングチーム/カナダ)+24秒
10 ジュリアン・ベルナール(トレック・セガフレード/フランス)+24秒
21 ヤン・ポランツェ (UAE・チームエミレーツ/スロベニア)+2分14秒

■第17ステージまでの総合成績(マリア・ローザ)
1 トム・ドゥムラン(チームサンウェブ/オランダ)76時間05分38秒
2 ナイロ・キンタナ(モビスターチーム/コロンビア)+31秒
3 ビンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ/イタリア)+1分12秒
4 ティボ・ピノー(エフデジ/フランス)+2分38秒
5 イルヌール・ザカリン(チームカチューシャ・アルペシン/ロシア)+2分40秒
6 ドメニコ・ポッツォビーボ(アージェードゥゼール・ラモンディアル/イタリア)+3分05秒
7 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)+3分49秒
8 ボブ・ユンゲルス(クイックステップフロアーズ/ルクセンブルク)+4分35秒
9 スティーフェン・クラウスウェイク(チームロットNL・ユンボ/オランダ)+6分20秒
10 ヤン・ポランツェ (UAE・チームエミレーツ/スロベニア)+6分33秒
11 アダム・イェーツ(オリカ・スコット/オーストラリア)+7分00秒

[各賞]
■ポイント賞(マリア・チクラミーノ):フェルナンド・ガビリア(クイックステップフロアーズ/コロンビア)
■山岳賞(マリア・アッズーラ):ミケル・ランダ(チームスカイ/スペイン)
■新人賞(マリア・ビアンカ):ボブ・ユンゲルス(クイックステップフロアーズ/ルクセンブルク)

最終更新:5/25(木) 9:55
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年12月号

株式会社八重洲出版

12月号
毎月20日発売

特別定価890円

自転車雑誌サイクルスポーツは毎月20日発売!