ここから本文です

クラウドソーシングの仕事 迅速な返信などの積み重ねが大事

5/25(木) 16:00配信

マネーポストWEB

 新商品のキャッチコピー考案など、短期的な仕事を発注したい企業と、その仕事がしたい個人を繋ぐ、“クラウドソーシング”という働き方が広がっている。その仲介を行っている『ランサーズ』は、国内最大級の規模。2008年のサービス開始以来、23万もの会社がこのサービスを利用している。

 仕事内容はウェブ制作など専門的な技術が必要な場合もあるが、アンケート回答やデータ入力、テープ起こしなど、突出した技術がなくてもできるものも多い。なかには、47都道府県のお土産を調べてリストにするという、出版社からの依頼もあったという。

「オンライン上で完結する仕事がほとんどのため、地方に住むかたや、子育てや介護で自由に外出できないかたも挑戦しやすいですね」

 そう語るのは、同社広報グループの潮田沙弥さん。発注する企業の半分以上は都内にあるが、仕事を受ける側の会員は7割が地方在住者だ。

 企業と個人のマッチングはサイト上で行われるが、契約内容の確認は個人でしっかり行い、疑問点はクリアにすることがトラブルを防ぐコツ。発注側が報酬を提示する場合は、金額の確認も重要だ。

「当社のシステムで、仕事内容に対する報酬の相場を調べられます。そこに記載された最低賃金に満たない場合は違反になるので、改善交渉をしています」(潮田さん・以下同)

 依頼内容の不明点は質問するなど、コミュニケーションの大切さは対面する仕事と変わらない。受けた仕事に対しては5段階で評価をされるので、評価の良さが次の仕事にも繋がるという。

「最初のうちは、未経験でも可能な仕事に応募を。スキルや人となりがわかるようにプロフィールを充実させると、選ばれやすくなります。また仕事を受けたら、完成度だけ考えるのではなく、発注側からの問い合わせには可能な限り迅速に返信するなど、小さな努力の積み重ねが評価を上げるコツ。実績を増やすと、依頼が増えます」

 自分の都合に合わせて自由に働ける道が広がっている。

※女性セブン2017年6月1日号

最終更新:5/25(木) 16:00
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。