ここから本文です

青山ひかる、舞台『まいっちんぐマチコ先生』主演決定でファン歓喜! オタ活インスタでのコスプレ姿が好評

5/25(木) 12:02配信

おたぽる

 8月に公演される『舞台版 まいっちんぐマチコ先生 ~臨海学校で人魚伝説!そんな事ってアリエル?の巻~』の主人公・マチコ先生役に人気グラビアアイドルの青山ひかるがキャスティングされたことが16日に発表された。これを受けて、「最高のキャスティング!」「歴代最高のマチコ先生では?」などと、青山ファンが歓喜している。

「360°おっぱいだらけ!」『VRアイドル水泳大会』が神番組だと話題に!

 1980年代に連載され人気を博した人気漫画『まいっちんぐマチコ先生』(学習研究社/現・学研ホールディングス)。グラマラスな女性教師・麻衣マチコを主人公にしたお色気ギャグ漫画で、これまでに何度もアニメや映画、ドラマ化され話題を呼んできた。

「コンスタントに制作されている実写化作品では、原作の平成版でのスリーサイズ設定が上からB94-W54-H90(cm)ということで、これまでマチコ先生役には、磯山さやかや森下悠里などといった人気グラビアアイドルがキャスティングされてきました。青山はスリーサイズが上からB95-W59-H90(cm)で、舞台経験も豊富ですから、まさに適役といえるでしょう。劇中では、下から風が吹いてスカートがめくれてしまうお色気シーンもあるとのことですが、公演会場となる築地ブティストホールは座席数164の小劇場ですから、青山の生セクシー姿が間近で見られるとあって、ファンにとってはプレミアムな公演になりそうです」(芸能関係者)

 漫画&アニメ好きとして知られ、“基本的にオタ活用”しているという自身のインスタグラムには、アニメのキャラクターのコスプレ姿をアップすることも少なくない青山。マチコ先生のビジュアルに関しても今後、さまざまなオフショットが披露されるのでないかという期待が高まっている。

「もともとは声優を目指していたという程にアニメ好きの青山は、コスプレにものめり込むようになったようで、それが高じて、2015年8月に行われた日本最大の同人誌即売会『コミックマーケット88』で初めて仕事としてコスプレ姿を披露。この時は、『まじかるすいーとプリズム・ナナ』というパチスロ機のオリジナルアニメーションに登場するアースナナというキャラクターに扮していたのですが、グリーンのウイッグをかぶり、いつもとは違った雰囲気の青山の姿にファンからは称賛の声が寄せられていました。昨年11月からはオタ活専用としてインスタグラムを開設し、コスプレ姿をアップしているのですが、『グラビアの時よりも表情が活き活きしているような気がする』と評判になっています。これから、マチコ先生のオフショットも続々と披露されることになるのではないでしょうか」(同)

 8月には、もう1つの主演舞台『コント演劇Q商会 第5回公演「オソルべきジンタイ実験」』の公演もあるということで、青山はグラビア業界のみならず演劇界でも知名度を上げていくことになりそうだ。

最終更新:5/25(木) 12:02
おたぽる