ここから本文です

ミラン本田に伊紙「ゴールとともにサヨナラ」 欧州残留の可能性「具体的なものはない」

5/25(木) 7:31配信

Football ZONE web

本拠地最終戦で本田が今季初ゴールも、伊紙「困難に直面したシーズン」と指摘

 ACミランの日本代表FW本田圭佑は、21日のリーグ本拠地最終戦のボローニャ戦で今季初ゴールとなる鮮やかな直接FKを決めて存在感を示した。ホーム最終戦のゴールに、イタリアのサッカー情報サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は「ゴールとともにサンシーロにサヨナラ」と特集。しかし、本田が希望する欧州残留の可能性については「具体的なものはない」と厳しい見通しを示している。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 本田はボローニャ戦の後半28分、ゴール正面の約23メートルからFKを直接狙った。右サイドを狙った左足のキックは鋭く曲がって落ち、相手GKミランテの手を弾き飛ばすようにしてサイドネットに吸い込まれた。チームメートに祝福され、ゴールのアナウンスではスタジアムに「ホンダ!」のコールがこだました。

 記事では「この日本人選手は困難に直面したシーズン。7試合で1ゴールだった。すでに契約延長の可能性はなくなっている」として、自らも公式ツイッターで退団発表をしている本田の来季を「残留0%、移籍100%、引退0%」とまとめた。その一方で、「未来は不確定」ともしている。

「ホンダの意図は2018年ロシア・ワールドカップにつなげるためにヨーロッパに残ること。彼のエージェントは周囲を見渡し始めているが、具体的なものはない。彼が同じ困難を繰り返さないためには中堅クラブが望ましい。だが、経済的な問題がそれを難しくさせている」

中堅クラブが望ましいがネックは…

 スペイン2部優勝で来季1部決定のレバンテなどが移籍先候補として挙がるなか、イタリアメディアは「具体的なものはない」と言及。そして、実力的には中堅クラブが出場機会を得るために望ましいが、高額年俸がネックになると分析している。

 今季限りで契約満了となり、フリー選手として来季の所属先を探すことになる本田だが、その障害は少なくないと見られている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/25(木) 8:26
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新