ここから本文です

写真家、木寺紀雄が見つけた “生命” とは。

5/25(木) 13:00配信

Casa BRUTUS.com

写真家・木寺紀雄が、6月3日から〈コンプレックス ユニバーサル ファニチャー サプライ〉で写真展『INU』を開催する。

今回の個展では、木寺が写真家として歩む日々で捉えた “生命” の瞬間を収めた約50点の作品を展示、販売する。作品はタイトルの犬以外にも、オランダで出会った女の子、染色家の柚木沙弥郎、陶芸家のリサ・ラーソン、芽を出したフルーツの種など、心動かされたシーンはさまざま。

独立してからの17年間の中で、フィルターを通して見つめてきた“生命”とは何か。本誌を始めとする雑誌、広告、CMでの活躍が知られる彼だが、その原点を探ることのできる貴重な写真展だ。モダンヴィンテージなインテリアを扱うショップを会場に、家具との展示も注目したい。

木寺紀雄写真展 『INU』

〈COMPLEX UNIVERSAL FURNITURE SUPPLY〉
東京都目黒区三田2-10-35 TEL 03 3760 0111。6月3日~11日11時~19時。(土・日曜日12時~18時。)入場無料。

木寺紀雄

1974年神奈川県横須賀市生まれ。役所勤務、スタジオマンを経て、ホンマタカシ氏に師事。2001年に独立後、本誌はじめ雑誌や広告、CM等で幅広く活躍中。

text_Kaori Nakada

最終更新:5/25(木) 13:00
Casa BRUTUS.com