ここから本文です

【U20】堂安律「最後の質」が課題。チャンス作るも「最後に決めなければ意味ない」

5/25(木) 7:01配信

フットボールチャンネル

 U-20ワールドカップ(W杯)・グループD第2節の試合が24日に行われ、U-20日本代表はU-20ウルグアイ代表と対戦し0-2の敗戦を喫した。堂安律はフル出場を果たしている。試合後に取材に答えた。

GL最終節のイタリア戦は27日 【U-20W杯】グループステージ組み合わせ

 まず、試合開始20分という早い時間帯に小川航基が負傷退場したことで「起点作るところがなかなかなかった」と、影響があったことを明かし「それでもやらないといけない」「結果的に点取れなかったんで、自分の責任かなと思います」と反省した様子も見せた。

 前半途中から相手のペースが落ちてきて、日本ペースになったようにも見えたが「やっぱ決めきる力だったり、最後の質っていうのは相手の方がレベル高かったですし、回されせられてる感覚が前半はあったんで。後半は怖いプレーもできたと思いますけど、最後の質のところかなと思います」と、相手との違いについて説明している。

 負けてしまったことにより得失点差-1で次、巻き返さないといけないが「個人的なところではやっぱ決めきるシーンはありましたし、そこは反省して次に生かしていきたいと思います」とし、「ボール持てるってのはありましたけど、やっぱ最後の質のところで何ができるかってところだと思いますし、どんだけボールを回しても最後に決めなければ意味ないんで、最後の質にこだわってやりたいと思います」と、自身の課題について口にしている。

(取材:元川悦子【水原】、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)