ここから本文です

【プロの写真20万点が無料】ストックフォトサイトの次なる一手

5/25(木) 17:50配信

WIRED.jp

世界各国のフォトグラファーによる20万点もの写真を保有するストックフォトサイト「Unsplash」。ハイクオリティーな画像は誰でも自由に使うことができ、しかもすべて無料だ。なぜUnsplashは、手間とコストをかけて集めた画像を無料で提供するのか。その理由を探った。

【利益がなくとも続ける理由】

アプリやウェブサイトの制作で画像素材が必要になったら、Unsplashをチェックしてみるといい。約20万点の高画質画像のなかから好きなものを無料でダウンロードでき、広告から投稿のアイキャッチ、アルバムのジャケットまで、どんな用途にも使用できる。

Unsplashの知名度を上げたのは、いくつかの有名企業だ。例えばフェイスブックは、Slackの競合となるWorkplaceをローンチした際のマーケティングに、Unsplashの画像を使用した。App Storeを開いてみれば、さまざまなアプリがスクリーンショットにUnsplashの写真をつかっている。

これらの写真をユーザーが活用しやすいように、Unsplashは誰でも無料で使えるAPIも公開した。これを使えば、誰でもUnsplashから写真をダウンロードするプログラムを書いて、アプリなどに組み込める。わざわざウェブサイトを閲覧し、画像を個々にダウンロードする面倒な作業を省略できるのだ。例えば、プロジェクト管理アプリのTrelloが、この仕組みを採用している。アプリのメニューから背景画像を検索すると、Unsplashのデータベースから写真を探し出してくれるのだ。このAPIも完全に無料である。

クオリティの担保とコミュニティーの育成

ウェブ上には無数の画像素材があるが、そのほとんどはクオリティがイマイチだ。さらに、Flickrや営利目的用の画像サイトといった大手ライブラリ上の上質な写真は、使用するのに料金が発生するライセンス付き画像であり、さらに用途にも制限がある。しかし3年前、Unsplashはすべてを変えた。

Unsplashは、一定以上の撮影技術があり、かつ解像度が3メガピクセル以上の画像を提供できるフォトグラファーの作品しか受け付けない。ただし、ライティングや構図の問題、過剰編集などの理由で写真を拒否する場合、Unsplashは改善のためのアドヴァイスをくれる。作品を提供するフォトグラファーは現在約4万人おり、その人数は増加を続けている。

Unsplashのサイトは洗練されていて、スタートアップ的な“イケている”雰囲気に満ちているように感じる。しかし、Unsplash共同創立者兼CEOのミカエル・チョウは、自分たちはより広い層にとって魅力的な、世界各地のコミュニティを代表するサイトにしていきたいのだと語る。

1/2ページ

最終更新:5/25(木) 17:50
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。