ここから本文です

「AnimeEffects」が話題になる一方、「PICMO」は販売終了! コンテンツの寿命は制作ソフトに影響されるのか?

5/25(木) 20:02配信

おたぽる

 2000年前後からパソコンやそのソフトが安価になったことにより、アニメ制作が簡単になったと言われ続けてきた。しかしどれだけ道具が安価になろうとも、制作が簡単になったとは言い難いのが現状だ。創作の裾野を広げるためには、むしろ気軽に制作できること自体こそが重要で、ソフトのユーザー全てがプロ並みのスキルを習得する必要はない。

 その反面、多くのユーザーを獲得したソフトが予期せぬ影響を及ぼすことも。たとえば、たびたび商用作品が“「Flash」みたい” “「MMD」みたい”などと、揶揄されがちな傾向にあることも無視できないだろう。実際に該当するソフトが制作上で使用されたのか否かはさておき、作品の出来とからめたこの種の発言は、コンテンツの寿命を左右する事態になりかねない。本稿では、これら一連の流れを振り返っていく。


■アニメ制作ソフトの多くに3DCG技術が応用 キーワードは「メッシュ」「ボーン」

 最近話題になったソフトに、4月に正式公開されたばかりのアニメ制作ソフト「AnimeEffects」があるが、本ソフトが無償であることよりも、3DCG技術の応用に留意したい。3DCGとはいえ、CGキャラクターを丸々1体モデリングするのではなく、描いた絵を変形させたり、動かしたりする「メッシュ」という機能が注目点。

 この「メッシュ」は薄い板に網目を施した形状をしており、07年に「After Effects」へ実装された「パペットツール」や、10年に「Photoshop」へ実装された「パペットワープ」などで、3DCG界隈以外にも知られるようになった。現在「メッシュ」は、多くのアニメ制作ソフトに応用されている。

 ちなみに「After Effects」に「パペットツール」が実装された当時は、「Flash」に実装すればいいのにという声が多く聞かれたが、08年に「Flash」には「ボーン」が実装された。こちらは描いた絵を変形させたり、動かしたりする際に、骨を入れる感覚で形状を調節するという機能で、もちろん先述の「AnimeEffects」にも実装されている。

 上記3DCG技術の変遷を辿る場合、東京大学の五十嵐健夫(現:教授)が1999年にCG技術カンファレンスの「SIGGRAPH」で発表し、優秀論文賞を受賞した「手描きスケッチによるモデリングシステム『Teddy』」が欠かせない。「Teddy」が画期的だったのは、CGキャラクターのモデリングを、2D手描きの感覚で試みることだった。

 その後、五十嵐は03年に「うるまでるび」とアニメ制作ソフトを開発。うるまでるびは90年代前半に『ウゴウゴ・ルーガ』(フジテレビ系)内のコーナーアニメ『しかと』、近年では『おしりかじり虫』などを手掛けたことで知られるクリエーターユニット。ソフトの開発は、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の未踏ソフトウェア創造事業に採択されたことで進められた。

 また五十嵐は、05年に「物体の堅さを表現した2次元形状の操作手法」と題した研究を発表。その際に「MovingSketch」と名付けられていたソフトは、うるまでるびが設立したチェリコ・エンターテインメントより09年に「PICMO」として発売となった(残念なことに「PICMO」は昨年、ひっそりと販売終了になっている)。


■平面的に動かす手法は「カットアウト」 ソフトの趨勢がコンテンツの寿命を左右?

 現在のアニメはメイキングなどを見てみないことには、どのように制作されているのかが分かりにくい状況になっている。先述のように使用した制作ソフトの側面から見てみても、アニメ作品のジャンルを2D手描きと3DCGとで厳密に区別して考えるのは、意味をなさなくなってきているのが分かるだろう(話はワークフローや携わるスタッフの待遇改善にまでつながる)。

 また2D手描き制作ソフトの多くに3DCG技術が応用されるようになったからといって、従来の手描きよりも簡単になったともいえない。キーフレームの原画の間を補完する動画の調整は3DCGと同じくらい、コツを掴むのが大変だからだ。コマ撮りと同様に、納得のいく動きになるまで、延々と作業を続けることになる。

 ちなみにコマ撮りの制作において、人形などの立体ではなく、紙やセルなどの平面を動かす手法は「カットアウト」と呼ばれるが、デジタルで平面的に動かす手法も「カットアウト」と呼ばれている。2D手描きと3DCGの話題でコマ撮りが引き合いに出されることが少ないためか、初めて聞く人の方が多いだろう(ちなみに、映画やテレビなどで音声や映像を急に消す演出手法も「カットアウト」と呼ばれる)。

 つまり視聴者から“「Flash」みたい”とか“「MMD」みたい”と言われてしまう理由には、補完する動画の調整をマスター仕切れていないのが一因としてあり、ソフトのせいでも気軽に制作を楽しみたいユーザーのせいでもなく理不尽な喩えとしか言えない(ちなみに「MMD」は「MikuMikuDance」を略して呼ばれる3DCGソフトだが、モデリング機能はない)。
 
 なお「Flash」は15年に「Animate」に名称が変更されたが、過去バージョンとして「Flash」も使い続けることができる。アニメ業界でも「カットアウト」としてではなく、従来の手描き作画として愛用するアニメーターは多い。時代は確実に次へと移っているにも関わらず、コンテンツの寿命を左右しかねない不名誉なイメージに悩まされている。
(取材・文/真狩祐志)

■AnimeEffects
http://animeeffects.org/

最終更新:5/25(木) 20:02
おたぽる