ここから本文です

15歳久保、無念の決定機逸に英メディア注目 「大会最年少得点者のチャンスを逃した」

5/25(木) 11:49配信

Football ZONE web

U-20W杯ウルグアイ戦、後半10分に放ったヘディングシュートの場面を「BBC」が紹介

 U-20日本代表FW久保建英(FC東京U-18)が、24日に行われたU-20ワールドカップ(W杯)韓国大会グループステージ第2戦のウルグアイ戦で、FW小川航基(ジュビロ磐田)の負傷退場により前半20分からの出場となった。エース離脱の緊急事態のなか、強烈なシュートやスルーパスで見せ場を作った15歳のアタッカーは、後半10分にゴール前で決定的なチャンスを迎えヘディングシュートを放ったが、この場面に英公共放送「BBC」も注目。「タケフサ・クボは大会史上最年少得点者となるチャンスを逃した」と報じている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 0-2と敗れた試合で、久保は年齢差を感じさせないプレーを見せた。今夏イタリア王者ユベントスに約10億円で移籍するMFロドリゴ・ベンタクールなどトップクラスの実力者を相手に、才気あふれるプレーを見せつけた。

 最大のチャンスは後半10分に訪れた。MF市丸瑞希(ガンバ大阪)がペナルティーエリア内に侵入してループシュートを放つ。しかし、相手守護神は右手を伸ばしてスーパーセーブ。ゴール前に浮いたボールに反応したのが久保だった。ヘディングでシュートを放ったが、枠を捉えることができず、久保は悔しそうにピッチを思い切り叩いた。

 15歳で2世代の飛び級参戦を果たした神童のこのプレーは、海外メディアでも注目を集めている。英公共放送「BBC」は、「日本のミッドフィールダー、タケフサ・クボは大会史上最年少の得点者になるチャンスを逃した。15歳の少年はヘディングをバーの上に放ってしまった」と紹介している。

強烈シュートに華麗なスルーパスも

 バルセロナの下部組織「ラ・マシア」で鳴らした久保の活躍は、これだけに留まらなかった。3分後の後半13分にはペナルティーエリアに侵入して、ニアサイドに左足で強烈なシュートを放つ。同22分にはFW岩崎悠人に左足で芸術的なスルーパスを通した。

 チーム全体の連動性も高く、MF堂安律も躍動する好チームだが、エース小川の離脱という窮地を迎えた。決勝トーナメント進出を懸けたイタリアとの第3戦、久保にかかる期待もさらに大きくなりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/25(木) 11:49
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新