ここから本文です

【 来日中ヒュー!】 ヒュー・ジャックマン、“ウルヴァリン”として最後の日本!

5/25(木) 21:41配信

MEN’S+

 これまで「鉄の爪」を持つヒーロー、“ウルヴァリン”を17年間演じてきた俳優ヒュー・ジャックマン。 
 
 世界中で人気のあるキャラクターと決別することになる、新作映画のプロモーションで来日しました。

【 日本予告動画を見る!! 】 これまで多くの日本人ファンにとって、馴染みのあるヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリン。

 2017年5月25日、人気俳優ヒュー・ジャックマンが人気ヒーロー“ウルヴァリン”のシリーズ最終作『LOGAN/ローガン』のプロモーションを行うため、ジェームズ・マンゴールド監督と共に記者会見に姿を現しました。  
 
 ウルヴァリンと言えば、マーベル・コミックの人気シリーズ『X-MEN』の主要キャラクターとして知られており、鉄の爪を持ったミュータントとして悪に立ち向かってきました。これまで『X-MEN』シリーズと『ウルヴァリン』シリーズで17年間ウルヴァリンを演じてきたヒュー・ジャックマンにとって、本作が最後の出演作であるようです。 
 
 本作は、ウルヴァリンが傷つきながらもミュータント存亡の危機を救おうと突き進む姿が描かれており、ウルヴァリンを長い間支えてきたチャールズ(パトリック・スチュワート)と謎の少女ローラ(ダフネ・キーン)とともに行動するロードトリップ作品になっています。 
 
 高齢化したウルヴァリンとチャールズは、思い通りに体を動かすことができません。高齢化社会や友情、そして愛をテーマとして描いています。

17年前、僕はウルヴァリンや漫画『X-MEN』のことなど知らなかったんだ…。

 本作のプロモーションとして、最後の国となったのが日本。そんな中、ジャックマンは「私にとって、とても名残り深い場所であり、この17年間で1番多く訪問した国かもしれませんね…」と、笑顔で日本への思いも語ってくれました。 
 
 ウルヴァリンを演じた当時は、キャラクターや漫画『X-MEN』についてよく知らない状態だったと明かしながら、「これだけ長く演じることになるのは、驚きです。今回が最後の作品になるので、いつか孫ができたときに『これを観ろ!』と言える作品にしたかったし、実際にそういう作品になった…」と、シリーズ最終作に手応えを感じている様子でした。

1/2ページ

最終更新:5/25(木) 21:41
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!