ここから本文です

なでしこ永里がシカゴ・レッドスターと契約 アメリカ初参戦に「ベストを尽くします」

5/25(木) 18:51配信

Football ZONE web

昨季はフランクフルトでプレー、自身のツイッターに抱負綴る

 なでしこジャパンFW永里優季が、アメリカ女子リーグのシカゴ・レッドスターと契約したことが発表された。永里にとってアメリカでのプレーは初となる。

【全選手写真付き】世界の女子サッカー美女ベストイレブン!なでしこジャパンもランクイン

 永里は2009年夏まで下部組織から所属した日テレ・ベレーザでプレーし、リーグ優勝や得点王を獲得。その後は海外に活躍の場を移し、ドイツのポツダムでは女子ブンデスリーガ優勝に加え、日本人初の得点王も獲得。UEFA女子チャンピオンズリーグ優勝も果たしていた。その後はイングランドに渡ってチェルシーでプレーし、ここ2シーズンはドイツに戻ってヴォルフスブルクで女子ドイツ杯優勝、昨季はフランクフルトでプレーしていた。

 なでしこジャパンでは2011年女子ワールドカップ・ドイツ大会の優勝、翌12年ロンドン五輪銀メダル、15年女子ワールドカップ・カナダ大会準優勝の中心メンバーとして活躍してきた。

 永里は自身のツイッターを通じて「シカゴに加入できて本当に嬉しい。一緒にプレーできるのを待っています。ベストを尽くします」とコメントしている。

 リーグとクラブの方針により契約条件は明かされていないが、永里は5月31日にシカゴに到着するとされている。日本とドイツで数々のタイトルを獲得してきた永里だが、アメリカでのプレーはキャリア初となる。

 昨年、高倉麻子監督にバトンタッチしたなでしこジャパンでは、就任直後のアメリカ遠征でプレーしたのみだが、これまで132試合出場58ゴールの記録も残している。世代交代が進みつつあるなでしこジャパンの中で、アメリカ移籍を機に返り咲くことができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/25(木) 18:51
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新