ここから本文です

2季連続リーグ出場ゼロの内田 代表からも遠ざかる苦境にハリル監督「心配している」

5/25(木) 20:10配信

Football ZONE web

昨年12月のELで1年9カ月ぶりに公式戦復帰も、その後シャルケで出番つかめず

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が、2015年6月に右膝の手術を行って長期離脱し、昨年12月のUEFAヨーロッパリーグ(EL)で公式戦復帰したものの、2シーズン連続でリーグ戦出場ゼロとなったシャルケDF内田篤人について「心配している」と語り、代表復帰が困難となっている現状を憂いていた。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 内田はキャリアを脅かすような右膝の故障と戦い続けている。15年3月のUEFAチャンピオンズリーグのレアル・マドリード戦(4-3)に途中出場後、シャルケでの試合出場はなく、6月に手術を受けて以降はリハビリで長期離脱を余儀なくされた。昨年12月のELザルツブルク戦(0-2)で1年9カ月ぶりに公式戦復帰を果たしたが、その後再びピッチに立つことなく今シーズンを終えていた。

 6月7日に行われる国際親善試合シリア戦(東京スタジアム)と、13日のワールドカップ・アジア最終予選イラク戦(イラン・PASスタジアム)の日本代表メンバー発表会見に出席したハリルホジッチ監督は、内田の現状を憂いていた。

「内田に関しては心配している。ちょっと彼の不在が長い。もう一度(代表に)入るようなパフォーマンスを取り戻すのは、難しいかもしれない」

右SBとしての能力の高さを認めるだけに…

 2015年3月のハリルホジッチ体制初陣を最後に日本代表から遠ざかっている内田は現在29歳で、万全ならスピードと1対1の対応力の高さで右サイドバックとして日本随一の実力を誇るが、長期にわたって試合出場から遠ざかっているため、代表復帰への道は険しいとの見方を示していた。それでも指揮官は、負傷で試合に出場していない内田を昨年5月の欧州組事前合宿に招集するなど、復活に向けて手を差しのべてきた。

「内田も素晴らしい能力とパフォーマンスを持っている。素早く取り戻してほしい。彼が良いパフォーマンスを見せる日を本当に心待ちにしている」

 今シーズンを戦い終えて一時帰国している内田の完全復活を、ハリルホジッチ監督も祈っていた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/25(木) 20:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新