ここから本文です

清武ら“常連組”に大ナタも新戦力起用には疑問符 ハリル監督メンバー選考の意図とは

5/25(木) 22:00配信

Football ZONE web

森重、宇佐美、西川も落選 「彼らを完璧に外したわけではない」

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は25日に東京都内で記者会見を開き、6月7日の国際親善試合シリア戦と13日のワールドカップ(W杯)アジア最終予選イラク戦へ向けたメンバーを発表し、これまで“常連”だった選手と新戦力の大幅な入れ替えを行っている。その一方で、新戦力の試合出場には疑問符がつく。

ハリルジャパン最新招集&予備登録メンバー計89人「推定市場価格ランキング」

 GKでは西川周作(浦和レッズ)がメンバーから外れた。この最終予選では初戦から5試合にわたって正GKを務めてきたが、今回はベンチメンバーにも入らない選考外に。同様に、DF森重真人(FC東京)も落選した。そして、Jリーグの開幕に合わせてスペインからセレッソ大阪への復帰を果たしたMF清武弘嗣、さらに「独力で違いを作れる」と期待をかけてきたFW宇佐美貴史(アウクスブルク)もメンバーから外している。

 ハリル監督は、その全てに対して「現在のパフォーマンスでチョイスしただけだ」と言い切った。西川の浦和でのプレーでは、自身のパスミスが起点になる失点があったのは事実であり、今季公式戦20試合で無失点は4試合にとどまっている。森重のFC東京もリーグ12試合で12失点と悪い数字ではないが、個人的なパフォーマンスに満足がいかなかったようだ。清武は負傷でやや出遅れて復活の途上。宇佐美は4月22日を最後に公式戦から遠ざかり、今季ノーゴールでシーズンを終えた。

「彼らを完璧に外したわけではない。他の選手が良かっただけだ。より良い選手に資格があるということ。完璧に外したわけではない。しっかりトレーニングして良いパフォーマンスで席を奪えというだけだ。外したという言葉はあまり使わないでほしい。外したのではなく、より良い選手を選んだ。西川は先発だったが、パフォーマンスが良くなかった時により良い選手が入った。誰に対しても怒っていない。パフォーマンスで選んだだけだ」

 ハリル監督は、全体の“ラージグループ”からも外したわけではないと強調している。しかし、直近のパフォーマンスに問題があれば選手を躊躇なく入れ替えるという厳しさを見せた。

1/2ページ

最終更新:5/25(木) 22:00
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新