ここから本文です

終電ギリギリまで飲める!仲間と語らう、目黒駅近のワクワク感漂う人気店4選

5/25(木) 5:20配信

東京カレンダー

気の置けない仲間と食卓を囲む日は、終電ギリギリまで飲みたいと思う人も多いはず。

そんなときに役立つのが、駅近のお店。かつ、美味しければ言うことなし!そこで、今回は目黒の駅近で本当に使える4軒をご紹介します。

【この記事の全ての写真】

店のワインはすべてグラスで飲めるから、色々トライしたい!『TRUNK Osteria Tavern winebar』

西口からすぐの場所にある「サンフェリスタ目黒」は、およそ40店舗が軒を連ねる飲食ビル。居酒屋、ラーメン屋、和食、中華、バーなど、ジャンル問わずキャラの立った店が営業する。

全体的に味のある渋い雰囲気の店が多いなか、目を引くのがこちらの一軒。

旅行カバンのオブジェや海外にトリップしたようなインテリアが、店名を表現している。

壁にズラリと並ぶワインボトルは、世界各国のコストパフォーマンスに優れた約80種類をセレクト。

リストはないので、ぜひお好みを伝えて欲しい。2,800円からそろい、ボトルの背中側に直に値段が書かれているのも良心的だ。

料理は、イタリア料理をベースに、カジュアルな小皿からガッツリの肉料理まで多彩に並ぶ。およそ250gのソーセージが鎮座する「自家製 大和豚ソーセージ」(¥950)は、ワインが進む逸品だ。

前菜として人気のメニュー。フルーツ人参のラペ、ブラータチーズのカプレーゼ、レバーパテ、白海老カルピオーネ、茄子カポナータを盛った「前菜盛り合わせ」5種¥1,620。

山形県で最も古い酒井ワイナリーが醸す「小姫さん」(¥4,968)や、ヴェネトの「アッラ・コスティエッラ ビアンコーネ」(¥4,644)など、国内外幅広くそろえる。

カウンター含め20席ある店内には、気兼ねなく食事と美酒を楽しむ大人たちが集う。平日はLO25:00なので、少し遅めの時間に美味しいものを食べたいときに重宝しそうだ。

この賑わいが人気の証。目黒の肉ワールドへGO!『大衆ビストロ JILL』

肉自慢のビストロは多いが、仲間同士で心置きなく肉料理を堪能するなら、コストパフォーマンスの高さも重要。

「ワインを飲みながら美味しいお肉を思いきり食べたい」という気分に応えてくれるのが『大衆ビストロJILL』だ。

前菜は¥500台から、グラスワインは¥580からと、価格設定はまさに“大衆の鑑”。

1/3ページ

最終更新:6/27(火) 13:20
東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)