ここから本文です

歩くたびに熱気や湿気を放出 通気性で買う本革靴3選

5/26(金) 7:47配信

NIKKEI STYLE

 夏の日差しすら感じるきょうこのごろ、ビジネスシューズを買い替えるなら「通気性」に目を向けたい。通気性のあるシューズは涼しく、靴内部の蒸れを軽減できるため臭いも抑えることができる。今の時期はもちろん、夏本番まで快適に過ごせるはずだ。今回は、そんな通気性抜群のビジネスシューズを紹介する。

■夏は冬以上に機能性が求められる

 炎天下の屋外、弱冷房のオフィスなど、うだるような暑さのなか集中力をキープするのはなかなか難しいもの。冬はアウターを着込めばいいが、夏はそう単純なものではない。そのため夏を快適に過ごすために、涼感を得られるスーツやシャツなどが数多く登場しているが、シューズも同様に夏は通気性のあるモデルが注目を集める。

 「通気性に優れたモデルは通年ご支持をいただいていますが、夏場はより関心が高まるようです。スーツやシャツなど、より快適な新素材が注目を集めるなかで、ビジネスシューズに関してもそういった夏を快適に過ごせる機能が求められているのだと思います」(リーガルコーポレーション 業務統括部広告宣伝課 深沢順一氏)

 従来の通気性ビジネスシューズは、通気性が高いゆえに雨や浸水に弱いといったデメリットがあったが、現在は一般的な革靴と変わらない性能で、かつ通気性を備えたモデルが増えている。

 また近年の最新モデルは、高機能でありながらデザインがスタイリッシュな点も特徴。リーガルもベーシックなものに加え、トレンドを意識したデザインを投入するなどより多くのニーズに対応しているという。「見た目は高級感のあるデザインで、機能はしっかりと担保されているものが求められています」(深沢氏)

 通常の革靴と変わらない見た目で上品に履けて、それでいて涼しく蒸れないビジネスシューズ。夏本番に備えて、気温が上昇してきた今から取り入れたい。そこで今回は通気性抜群の使えるビジネスシューズを3つ紹介する。ちなみにもともと通気性がある本革に対して、合皮は通気性が悪い。夏は本革製シューズを選ぶのが大前提となる。

1/3ページ

最終更新:5/26(金) 7:47
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。