ここから本文です

美男美女ぞろいのフジテレビ新人アナ!有吉弘行から毒舌の洗礼?

5/26(金) 5:00配信

ザテレビジョン

6月5日(月)より「夜のアナウンサー研修」(毎週月~金曜夜1.25-1.30 フジテレビ)がスタートする。2017年度に入社したフジテレビの新人アナウンサーが、芸能界の第一線で活躍するタレントから、アナウンサーに必要なスキルを学んでいくバラエティー番組だ。

【写真を見る】初回ゲストには有吉弘行が登場

新人アナは、安宅晃樹(あだけこうき)アナ、黒瀬翔生(くろせしょうい)アナ、海老原優香(えびはらゆか)アナ、久慈暁子(くじあきこ)アナの4人。初回放送にはゲストに有吉弘行が登場。新人アナが有吉へインタビューを行い、アナウンサーに必要な“対応力”を学んでいく。

収録後、新人アナ4人に番組の感想や意気込み、今後の目標などを聞いた。

――初回収録を終えた感想を教えてください。

安宅アナ:有吉さんのトークに助けられて、自身の至らなさを痛感しました。今回の経験を糧にいろいろと学んでいきたいと思います。

黒瀬アナ:緊張の一言ですね。終わった後に滝のように汗が出てしまいました(笑)。でも楽しかったです。有吉さんを困らせてしまったことに悔いが残りますけど、いつかまた共演して、今よりも成長した姿をお見せしたいです。

海老原アナ:研修を始めてから1週間しかたっていない私たちに時間を取っていただき、自分の好きなことを話せる機会をいただいてうれしかったです。それと同時に、まだまだ自分はアナウンサーになれていないと実感しました。

久慈アナ:(有吉さんに)インタビューするはずでしたが、実際にはインタビューされる側になってしまいました。できる限り話すことを用意しましたが、緊張してうまく話すことができず、後悔しています。

――実際に共演して、有吉さんの印象は?

安宅アナ:毒舌で、冷たく突き放されることもありましたが、いろいろ考えてくださって優しさも感じました。

黒瀬アナ:(有吉さんのことは)事前に人見知りと伺っていて、僕も人見知りなので、どんな収録になるんだろうと思ってました。でも実際はとても優しくて、有吉さんからたくさん質問をしてくれたので、楽しむことができました。ただ、自分から質問できなかったことが反省点です。

海老原アナ:“愛のある毒舌”で、優しく相づちをしていただきました(笑)。テレビの印象とはギャップを感じました。

久慈アナ:人見知りな方と感じたので、間を作らないように頑張りました。毒舌のイメージがあったんですけど、実際はとても優しい方でした。

――各自が新人アナの中で、他の3人に負けないことは?

安宅アナ:「なんで? なんで?」という好奇心は、他の3人には負けません。

黒瀬アナ:庶民感ですね。社内でも自己紹介をすると「アナウンサーなの?」と言われるくらい、アナウンサーらしさはないので(笑)。

海老原アナ:「その場に飛び込んで、楽しんでやろう!」という“楽しむ力”です。(今回の収録も)一番、楽しみながら過ごせたと思います。

久慈アナ:見た目と中身のギャップです(笑)。すごくおとなしそうとか、女の子っぽいと言われますが、中身は野性的です(笑)。

――今後のアナウンサーとしての抱負をお願いします。

安宅アナ:報道分野で活躍したいと思っています。20年、30年先かもしれないですけど、「フジテレビの報道といえば安宅!」と言われるくらいに頑張っていきます。

黒瀬アナ:僕は何が何でもスポーツに携わりたいと思っています!

海老原アナ:情報もスポーツもバラエティー番組もマルチに活躍できて、それでいて思いやりのあるアナウンサーになりたいです。

久慈アナ:バラエティー番組で、面白く話せないことに悩んでいます。これから年数を重ねるごとに、面白いことが少しでも言えるようなアナウンサーになりたいです(笑)。

最終更新:5/26(金) 5:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)