ここから本文です

尼神インター・誠子のセクシー衣装が「かわいい」と話題に

5/26(金) 22:37配信

ザテレビジョン

AbemaTV内「AbemaSPECIALチャンネル」にて、レギュラー番組「極楽とんぼ KAKERU TV」が5月25日に生放送された。 

【写真を見る】いつもと違う誠子のセクシーな姿に「かわいい!」との声が殺到した

今回は「芸人のリリックにかける!Gスタイルダンジョン」と題し、お笑いコンビ・ダイノジの大地洋輔、とろサーモン・久保田和靖、こりゃめでてーな・大江健次、レイザーラモンRGの4人のラップ自慢芸人が登場し、フリースタイルのラップバトルを披露。芸人界のNo.1ラッパーを決定した。

さらにラップバトルの審査員を務めるのは、ラップに関しては全くの素人である極楽とんぼに加え、同じくラップ素人のお笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二、メイプル超合金・安藤なつ、尼神インター・誠子が登場し、素人ならではの“それっぽい審査”で評価。

番組冒頭、誠子のセクシーな衣装に「かわいい」「誠子きれい」「誠子に見えない!」など、コメントが多数寄せられ、それからも終始「かわいい」の声が相次いだ。

最初のバトルは、大地と久保田。リズムに合わせてお互いをディスり始めると、話題は“闇営業”に。事務所に内緒で仕事を入れてお金をもらう闇営業について、久保田が「おまえの暴露を落とすわな。聞いとけ吉本の社員。こいつはスケジュール2枚あるわ。正規のスケジュールと闇のスケジュール。うそつき野郎だ」と暴露。

すると、大地も「おまえのことも1つ言わせてもらうぜ。おまえ闇営業でハワイに行ってんだろ。ネゴシックスと一緒にハワイへ直営業。そんなの聞いたことねえ」と暴露し返した。

バトルが終わり、感想を求められた加藤は「俺らは昔、(闇営業)もっとやってたよな? 俺ら昔カラオケビデオ出演、闇でやっちゃたから。取っ払いで15万ずつもらったな」と山本に話すと、山本も「やったやった」と明かした。

さらに山本が「今までどういう闇営業やったの?」と尋ねると、大地は「老人ホームの慰問」、久保田は「キャバ嬢の犬の散歩」と告白し、スタジオは笑いに包まれた。

続いて、RGと、大江のバトルでは、最初は大江が髪の毛のことを指摘すると、RGは帽子をとって、歌手・細川たかしをまねたという髪形を披露。そして「毎回剃ってる。大変。むしろハゲたい」とその髪形をキープする苦労を漏らした。

バトル中盤では、RGの髪形から大江が「何だそれは、おまえの芸風を物語っている。剃るなら剃れ、中途半端なんだよ。RG、おまえは人のふんどしでメシを食ってる。オリジナリティーがマジでない。残念だな」と強烈なラップを披露した。

するとRGも「俺は今までの自分のキャラを全部受け入れている。HGにくっついて出てきた。寄生虫って言われて出てきた。でもおまえは『エンタの神様』(日本テレビ系)でやってた『やばばばいやばばばい』っていうキャラ封印している。過去のキャラを認めないのは未来にいけねえぜ」と思いをさらけ出すと、大江も負けじと「俺もこっそり劇場で『やばばばい』ってやってんだぜ。でも自分の単独ライブも14人ぐらいしか来ないから、目撃者が少ねえだけだぜ」と返した。

最後はRGが「14人しか集まらないお客さん、大事にしろ。俺も『あるあるネタ』を始めた時、カラオケボックスでたった4人の前で『あるある』始めた。それが今やルミネを埋める。おまえもその『やばばばい』っていうギャグをもう一回見詰め直していくのが俺たち、未来へのお笑いへの道、吉本興業、こりゃめでてーな」と大江へ思いを伝えた。

これを受け、ラップ素人の審査員・山本は「早口で分からない」と素直な意見を語り、小峠は「バイブスがやばかったね。途中スポット入っちゃって、ブラックボックスいったね」など、芯を食ってない評価をしながらも、大江が勝利を収めた。

最後は決勝戦として、久保田と大江が対決。バトル中のワイプで審査員がふざける姿に集中できなかった久保田が負け、大江が優勝。

負けてしまった久保田は「(ラップバトルは)ワイプのBGMじゃないんだよ」と不満を告白し、勝った大江も「手応えがありません」と審査員の様子にかなり影響を受けた様子だった。

そんな5月25日の放送は、6月25日(日)夜10時まで、無料で視聴可能なので、熱いバトルの模様を確認しよう。

次週は「芸人の画像力にかける!ウィキペディアの記事に画像提供!」と題し、wikipediaの画像募集中の記事に、芸人のセンスで画像を提供するという企画に挑む。

登場するゲストは、お笑いトリオ・ロバート、“みちょぱ”の愛称で知られるモデル・池田美優、“尻職人”として有名なグラビアアイドル・倉持由香。

果たして、センスのいい画像をwikipediaに掲載することはできるのか?

最終更新:5/30(火) 18:16
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)