ここから本文です

『Halo』と『ストリートファイター 2 』がビデオゲームの殿堂入り!

5/26(金) 21:41配信

エスクァイア

 アメリカではシューティングゲームが実に盛ん。特に若い世代に支持されているんです。 
 
 そんな中、日本を代表する格闘ゲームの『ストリートファイター II』も、アメリカにてゲームの殿堂入りを果たしました!

ポケモンGOを遊ぶと、どうやら41日間寿命が延びるらしい

 史上最高のシューティングゲームのひとつ『Halo: Combat Evolved』が、ついに『世界のビデオゲームの殿堂』入りを果たしました。 
 
 2001年のXboxのリリース以来、多くのファンを魅了したSFゲーム『ドンキーコング』、『ポケットモンスター 赤・緑』、『ストリートファイターII』の3作品とともに、2017年5月4日、世界の殿堂入りを決めました。 
 
 これら4作品が、ニューヨーク州ロチェスターのストロング・ミュージアムに常設展示されることになりました。ビデオゲームの世界の殿堂は、2015年に設立されており、エンターテインメントソフトウェア協会(ESA)によると、2016年の米国のビデオゲーム関連総売上は米304億ドルに達しています。 
 
 「『Halo(ヘイロー)』が発売されるまで、成功したほぼすべてのシューティングゲームはPCと高精度・高品質のマウスが必要でしたが、『Halo』はゲーム機でも、(PCを上回るとまではいかないまでも…)PCと同じ効果を上げることを証明しました」と、ストロング・ミュージアムのアソシエート・キュレーター、シャノン・シモンズ氏は語っています。 
 
 マイクロソフトのXboxは当初、半数以上がローンチソフト込みで販売され、複雑なプロットやマスターチーフなどのキャラクター、マルチプレーヤー体験が高く評価されました。「Halo Nation」ファンを自称する人々が現れ、600万本のゲーム、一連の続編、スピンオフ、小説やコミック、アクションフィギュアがヒット商品になりました。 
 
 2017年の「世界のビデオゲームの殿堂」の4作品は、ビデオゲーム研究者とジャーナリストで構成される国際委員会によって最終選考に残った12作品の中から選出されました。ちなみに最終選考には、『ファイナルファンタジー セブン』、『マイクロソフト・ウィンドウズ・ソリテール』、『モータルコンバット』、『Myst』、『Portal』、『レジデントイービル』、『トゥームレイダー』、『Wii Sports』も入っていました。 
 
 ストロング・ミュージアムによると、100カ国以上の業務用、家庭用、ポータブル用、携帯用のゲームの中から、長寿性とビデオゲーム業界とポップカルチャーへの影響を基準に選んだということです。 
 
 『ドンキーコング』は、『Halo』が登場する20年前にゲームセンターのスター的存在になり、1981年のリリース時から現在まで、任天堂の稼ぎ頭となっています。推定販売台数132,000台という輝かしい業績にもまして、特筆すべきは配管工マリオというゲームキャラクターを登場させたことでした。スピンオフした『スーパーマリオブラザーズ』は、2015年(第1回)に殿堂入りを果たしています。 
 
 今回、任天堂の『ポケットモンスター 赤・緑』も殿堂入りに! これは1966年に発売されたゲームボーイ用のゲームで、「ポケモンゲットだぜ!(Gotta catch ‘em all !)」というキャッチフレーズで、151体のユニークなモンスターを集めるようプレイヤーに呼びかけました。発売後すぐに多くのスピンオフが生まれ、215億枚のトレーディングカード、800話のテレビアニメ、17本の劇場版アニメ映画が作られたのでした。 
 
 「『ポケモン赤・緑』はフランチャイズを立ち上げて世界中で爆発的な人気を獲得し、ピカチュウをはじめとする多くのキャラクターは知らない人がいないほどの主流の大衆文化になりました」と、シモンズ氏は続けて話してくれました。 
 
 カプコンの『ストリートファイター2』は、「1990年代のゲームセンター・ルネサンスの火付け役となった」とストロング・ミュージアムはコメントしています。 
 
 このゲームは、「人間を相手に直接対決するので、世界中のゲームセンターで瞬時にオーディエンスが集まり、激しいトーナメントが繰り広げられています」と、ストロング・ミュージアムの電子ゲーム史国際センターのアシスタント・ディレクター、ジェレミー・ソーシエ氏は話しています。 
 
 2018年の「世界のビデオゲームの殿堂」は現在、応募受付中とのことです。

ESQUIRE UK

最終更新:5/26(金) 21:41
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

2016年10月発売号

価格1200円

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます