ここから本文です

メッシの脱税容疑が最高裁で有罪確定 懲役21カ月も「投獄の可能性はほぼない」

5/26(金) 0:10配信

Football ZONE web

メッシ側の上訴をスペイン最高裁が棄却

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、約5億円の脱税事件をめぐって裁判が続けられていたが、英公共放送「BBC」によるとスペイン最高裁が実刑21カ月の有罪判決を確定させたと報じている。

【画像】メッシ、ロナウジーニョ、ネイマールが並ぶ、“MRNトリオ”の貴重なスリーショット!

 メッシと代理人を務める父親のホルヘ氏は、2007年から09年にかけてベリーズとウルグアイの“タックス・ヘイブン”を利用。架空の企業を立ち上げて、自身の肖像権料の所得隠しを行ったとされ、検察当局が捜査を続けていた。

 2016年夏には本人が出廷して証言したものの、計410万ユーロ(約5億円)の脱税容疑としてバルセロナの裁判所で有罪判決を下されていた。メッシ側は上訴したもののスペイン最高裁も同様の判決を下した。

 ただ同局によると、スペインでは24カ月以下の刑期ならば保護観察の対象になるとのことで「メッシが刑務所に投獄される可能性はほぼない」とされている。また脱税分の税金の一部を支払ったことでホルヘ氏の刑期も21カ月から15カ月に短縮されたという。

 メッシは今季リーガ・エスパニョーラで37ゴールを奪い、通算4度目のピチーチ(リーガ得点王)を獲得。また現地時間27日に今季バルサの最終戦となるスペイン国王杯を控えている。世界ナンバーワンプレーヤーにとっては、シーズン最終盤のタイミングでの実刑確定となってしまった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/26(金) 0:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新