ここから本文です

娘を亡くして…、ザック・スナイダー、『ジャスティスリーグ』の監督を降板

5/26(金) 6:40配信

MEN’S+

バットマンやスーパーマンら、人気ヒーローが集結する新作映画の監督を降板したザック・スナイダーですが、その理由に誰もが共感することでしょう…。

歴代最多の『007』ロジャー・ムーア、89歳で逝く

ザック・スナイダー

 ザック・スナイダーが娘を失った悲しみから、『ジャスティスリーグ』の監督を降板することを発表しました。 
 
 娘オータムさんが、2017年年3月に自らの命を絶っていたことを明かしたザックは、プロデューサーを務めている妻デボラ・スナイダーと共に、現在撮影後の編集作業が行われている『ジャスティスリーグ』から降板することを発表しました。
 
 ザックは、「仕事に行って、忙しくしていたら精神が浄化されるかと思いました。この仕事に集中することはとても大変で、自分のすべてを費やすことになります。ここ2カ月でそのことに気がついたんです。僕のことを本当に必要としている家族や子供たちと一緒に過ごすために、この作品から身を引くことを決めました。みんな辛い時期を過ごしているんです。そして僕も、辛い時期を過ごしています――この事実を公にするつもりはありませんでした。家族のことであり、個人的な問題であり、僕たちだけで向き合う悲しみだと思っていました。しかし、僕が本当に休息を必要としていることが明らかになったとき、このままではインターネット上で勝手に物語が作り出されてしまうことは分かっていました。メディアでは好きなことを書かれてしまいますから。実際のところ僕は、そんなことは気にかけなくなってしまっていますけどね」と、「ザ・ハリウッド・レポーター」に語っています。
 
 ジョス・ウェドンがザックの後任を引き受けることになっており、「ザックが決めたスタイル、トーン、テンプレート」に沿って、編集作業を継続していくとのことです。
 
 ワーナー・ブラザース・ピクチャーズのトビー・エメリッヒ会長は、「スナイダー夫妻にお悔やみの言葉を送るとともに、ザックが降板した後も新しいキャラクターを追加したりすることはなく、ウェドンにそのバトンが渡ったとしても、ザックの決めていた方向性で編集作業を行っていくことになる」と、コメントしています。
 
 ザックが同作品から降板するものの、2017年11月17日という公開予定日(米国)には変更はないようです。

MEN’S+/BANG SHOWBIZ

最終更新:5/26(金) 6:40
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!

Yahoo!ニュースからのお知らせ