ここから本文です

『ダンケルク』“7つのシグナル”のひとつを独占入手 高速戦闘機スピットファイアとは?

5/26(金) 8:00配信

リアルサウンド

 9月9日に公開される映画『ダンケルク』にまつわる“7つのシグナル”のうちのひとつを、リアルサウンド映画部が独占入手した。

 本作は、『ダークナイト』『インセプション』のクリストファー・ノーラン監督が初めて実話に挑んだサスペンス。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のトム・ハーディ、『ブリッジ・オブ・スパイ』のマーク・ライランス、『エージェント:ライアン』のケネス・ブラナー、『麦の穂をゆらす風』のキリアン・マーフィー、ワン・ダイレクションのメンバーとしても活躍するハリー・スタイルズらの共演により、史上最大の救出作戦と言われる“ダンケルクの戦い”を描く。

 本日5月26日は、“史上最大の救出作戦”が開始された日。このたび入手したシグナルは、そのメモリアルデーにちなんだもので、高速戦闘機スピットファイアの姿が捉えられている。

 時速362マイル(約583km)の速さで飛ぶスピットファイアは、英ロールス・ロイス社が開発した1030馬力のマリーン エンジンを搭載した戦闘機。“悪魔のサイレン”として恐れられた610馬力のドイツ軍急降下爆撃機ストーカのほぼ2倍のパワーで、世界が最も注目する電気自動車のテスラ・モーターズの「ルーディクラスモード」を300馬力も上回るハイスペックとなっている。

 また、ドイツ軍が「我々は包囲した」と連合軍兵士たちに投降を促し、空からばらまいたというダンケルクのマップもあわせて公開された。

リアルサウンド編集部

最終更新:5/26(金) 8:00
リアルサウンド