ここから本文です

メッシに続き、C・ロナウドも脱税疑惑で実刑? 有罪の場合、懲役2年から6年の判決の可能性

5/26(金) 10:00配信

Football ZONE web

C・ロナウドに18億円超の脱税疑惑、全額返済で実刑15カ月に短縮の可能性も

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは肖像権収入において不正な申告を行い、1500万ユーロ(約18億円)もの大金を脱税したとの疑惑が浮上している。これに対してロナウド自身が反論したとスペイン紙「マルカ」が伝えている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ロナウドの脱税疑惑が明るみになったのは、2011年から13年にかけての肖像権収入において税金逃れを行ない、800万ユーロ(約9億6000万円)から1500万ユーロ(約18億3000万円)もの大金に及ぶとした税務局の告発を、スペイン財務省(GESTHA)が指示したことを受けてだった。

 もしこれが有罪と確定すれば懲役2年から6年の実刑が科される可能性がある一方で、スペイン財務省はロナウドが犯罪を認め、全額を返済すれば実刑を15カ月に短縮される可能性があると記されている。ただ同紙によると、ロナウド側は関係者に対して、税務局に何ら隠していることはないと主張しており、長期化しそうな気配が漂っている。

 先日バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシも同じく、約5億円の脱税容疑で21カ月の実刑判決が下ったばかり。果たして莫大な金額を稼ぐ2大スーパースターはともに、実刑判決を受けてしまうのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/26(金) 10:00
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新