ここから本文です

宮里藍、早すぎる引退 惜しむ声が後輩ゴルファーから続々「いつまでも憧れの存在」

5/26(金) 21:54配信

THE ANSWER

ツイッター上で惜別の声、“妹分”宮里美香「去年聞いたけど、驚きました」

 女子プロゴルフの宮里藍(31)が26日、今季限りで現役を退く意向を表明した。史上初の高校生プロゴルファーとして「藍ちゃん」の愛称で親しまれ、米ツアーでも9勝。男女通じて初の世界ランキング1位に君臨した。日本女子ゴルフ界で大きな足跡を残したヒロインの突然の表明に、同じ女子ゴルファーからも引退を惜しむ声が上がっている。

【画像】「140文字で纏められなかったので…」…宮里美香もTwitterにその心境を投稿

 同じ沖縄出身で“妹分”として親交があった宮里美香は、自身のツイッターを更新。「大好きな2人との写真」として宮里、上田桃子と3ショットで写った画像とともにメッセージを掲載している。

「藍先輩が今季限りで引退…。私は去年聞いたんですけど、驚きました」

 このようにつづり、公表以前から知らされていたことを明かした。さらに「やっぱり藍先輩が、いなくなってしまう事を考えると寂しいです。ってか、藍先輩がいないアメリカツアーなんて考えられない」と記述。「私にとっては、偉大な先輩でもあるし、お姉さん的な存在の人なので色々な気持ちがあります」と思いを語った。

宮里上回るツアー史上最年少優勝の勝みなみ「藍さんに少しでも近づくように」

 最後には「まだ、試合も残っているので… ラストのシーズン、藍先輩らしいプレーをして欲しいなと思います」と現役最後の試合まで宮里らしさを残してくれることを願った。
 
 JLPGAツアー史上最年少優勝の記録を持ち、宮里同様に高校時代から活躍した勝みなみは「いつまでも私の憧れの存在です 藍さんに少しでも近(づ)くように頑張ろう」とツイッターにつづった。

 ほかにも女子プロゴルファーから「驚きです」などとSNS上では声が続々上がっている。

 デビュー以来、数々のタイトルを獲得し、女子ゴルフ界を牽引してきた宮里。憧れの存在として背中を負ってきた後輩ゴルファーたちにとっても、衝撃は大きかったようだ。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:5/26(金) 21:54
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。