ここから本文です

「相手の長所を消しにいく」変幻自在のハリル流 招集25人に見るイラク戦“勝利のシナリオ”

5/26(金) 14:40配信

Football ZONE web

イラク戦の鍵はグラウンド状態、フィジカル重視の選考に

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は、25日に東京都内で6月7日の国際親善試合シリア戦と13日のワールドカップ(W杯)アジア最終予選イラク戦へ向けたメンバーを発表した。ハリル監督は「相手の短所をしっかり突く。向こうの長所もある。この長所を消しにいく。その準備のための選手を選んだ」と、メンバー選考について語っている。

ハリルジャパン最新招集&予備登録メンバー計89人「推定市場価格ランキング」

 イラクとの試合は、隣国イランの首都テヘランで行われるが、スタッフを派遣した調査の結果としてスタジアムのピッチが荒れているという。また、「国内で強いチームというのはよくある。UAEとの対戦を思い出してください。国内でよりパフォーマンスを発揮する、チームを勝たせる選手がいた」と、中東勢のホームにおける強さを警戒していた。

 だからこそ、「ボールが跳ねる。テクニックが使えずダイレクトなプレーが必要になるかもしれない。個人の素早い動きも必要になり、常にフィジカル的に戦えるか」と、今回のメンバー選考では繊細な技術とパスワークよりも、フィジカル的な能力、走力、デュエルの強さといった資質を重視したという。

 この最終予選でもハリルホジッチ監督は、例えば敵地オーストラリア戦では低い位置に守備ブロックを作ってカウンターを仕掛けるプランで臨んだ。敵地UAE戦では、中盤にMF今野泰幸を起用して相手のキーマンであるMFオマル・アブドゥルラフマンを封じ込めにかかった。こうした相手に応じた戦術、戦略によって策を講じるのがハリル流だ。

 このあたりは、例えば前回の2014年ブラジルW杯を戦ったアルベルト・ザッケローニ元監督など、相手がどこであろうと常に自分たちのサッカーを貫く方針とは異なるものだ。ハリル監督は、「1カ月、1カ月半をかけ、それを考えたリストであり、それを踏まえた新しい選手がいる」と、メンバー選考に至る過程をこのように話した。

「戦いとボールを奪うのが大好きな選手が必要」

「グラウンド状態は今回のキーになる。これが悪いと、おそらく短いパス中心の組み立てはできなくなる。ロングボールが増えると予想している。そこに勝って、セカンドボールに勝つ想定をしないといけない。3人、4人がドリブルしてくる。それを奪う。できるだけ我々のFWに背後に行かせることが有効だ。こうやって戦略を練る。相手の短所をしっかり突く。向こうの長所もある。この長所を消しにいく。その準備のための選手を選んだ。戦いとボールを奪うのが大好きな選手が必要だ」

 そうした意味では、直前に負傷したもののMF大島僚太(川崎フロンターレ)やMF柏木陽介(浦和レッズ)、MF柴崎岳(鹿島アントラーズ)といった選手たちは、そのコンディションにかかわらず、このイラク戦では招集メンバーとして考慮していなかった可能性もある。MF井手口陽介(ガンバ大阪)や、浦和では3バックの中央でプレーしている遠藤航を「もしかしたらデュエルで最も勝っているDFかもしれない。イラクのようなFWにパワーのある相手には良いかもしれない」と、MFのリストに加えたのも納得できる。

 あくまでも、イラクを倒すために最良の25人として選ばれた選手たち――相手次第でメンバー構成に大きな変化を加えていくハリル流は、過酷な中東遠征で勝ち点3を持ち帰るという最良の結果を手にできるだろうか。

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

最終更新:5/26(金) 14:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新