ここから本文です

「Jリーグタイム」美人キャスターを直撃 「反響が大きくてやりがいを感じます」

5/26(金) 21:10配信

Football ZONE web

NHK BS-1「Jリーグタイム」のキャスターを務める中川絵美里さん サッカーが“当たり前にある”清水で育つ

――今シーズンからNHK BS-1の「Jリーグタイム」(毎週土曜日21時10分)のキャスターに就任されました。開幕してから約3カ月が経過しましたが、ここまでいかがでしょうか?

【写真特集】Jサポの“新たな女神”! 美人キャスター厳選フォトギャラリー

「まさかJリーグタイムのキャスターになれるとは思っていなかったので、すごく驚いています。これまであっという間なんですけど、いろいろなスタジアムや地方に行かせていただきました。もともと趣味がスポーツ観戦だったので、現場に足を運ぶのがすごく楽しいです。サポーターの方に声をかけていただくと『私、本当にJリーグタイムのキャスターやっているんだ』って(笑)。まだまだ浅い部分の知識しかないので、必死に勉強するという考えもあるんですけど、それよりも現場に足を運んで感じたことを自分目線でアウトプットできるように始めています。そうすると、それに伴って徐々に新しい知識が頭に入ってくる感じがします。解説者の方々やスタッフさんには、率直に分からないことを訊くと丁寧に教えてくださるので助けてもらっていますし、小ネタも教えてくれるんですよ(笑)」

――サッカーが盛んな静岡の出身なんですね。

「清水の三保で生まれているので、清水エスパルスの練習場がすぐ近くにあって、周りも応援するのが当たり前の環境だったんです。『清水=サッカー』というすごく根づいているものがありましたね。今年から復活したんですけど、清水ではホームで勝つと花火が上がるんです。だから、花火が見えると『今日は勝ったんだね』ってみんなで拍手して。屋根の上にサッカーボールがついている団地もあって(笑)。それが当たり前だと思っていたので、東京に出てきてから『静岡はサッカーの街なんだ』ということに気づきました」

――番組でも綺麗なインサイドキックを披露していましたが、子どもの頃にサッカーチームに入った経験はあるのでしょうか?

「私は入っていなかったんですけど、女の子でも半分くらいが女子サッカーチームに入っていたので、放課後などは一緒にやっていたんです。小学校の体育の授業でも“鳥かご”(ボール回しの練習)をやるとか、ボールを触ることも多かったんですよ。自分でプレーするのは得意ではないんですけど、観るのは本当に好きなので、それがお仕事になるのがありがたいです」

1/3ページ

最終更新:5/26(金) 21:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新