ここから本文です

【J1展望】清水×横浜|上り調子の清水2トップが上位進出への道を切り開けるか?

5/26(金) 17:00配信

SOCCER DIGEST Web

清水――チアゴ・アウベスの4戦連発に期待高まる。

J1リーグ第13節
清水エスパルス - 横浜F・マリノス
5月27日(土)/14:00/IAIスタジアム日本平
 
清水エスパルス
今季成績(12節終了時):12位 勝点14 3勝5分4敗 16得点・18失点
 
【最新チーム事情】
●浦和戦で先発の枝村、二見のコンディションが微妙、ベンチスタートか。
●24日のルヴァンカップからスタメンはほぼ入れ替えとなる見込み。
●絶好調のチアゴ・アウベスが3試合連続得点。4戦連発なるか。
 
【担当記者の視点】
 前節の浦和戦は、激しい点の取り合いの末に3-3のドローという悪くない結果を得た。しかし激闘の傷跡は小さくなく、CBの二見と右MFの枝村が負傷により、今節はスタメン入りが微妙な情勢だ。
 
 枝村に代わって右MFに想定されるのは、浦和戦で途中出場から良い働きを見せたミッチェル・デューク。またCBの二見に代わるのは、やはり浦和戦で途中出場したフレイレが予想される。今節の相手、横浜は活きのいいドリブラーが多いだけに、大型の外国籍選手たちがいかにその俊敏な動きを封じられるかがポイントになりそうだ。
 
 中盤とディフェンス陣に懸念材料が残るなか、明るい材料は浦和戦で爆発を見せた上り調子の2トップ。とりわけチアゴ・アウベスは連続ゴールを3試合継続中で、4戦連発に期待が高まる。前線の決定的な仕事で上位進出への足掛かりとなる勝利を掴みたい。
 

日本サッカーを彩る美女サポーター

横浜――割り切った戦いが必要かもしれない。

J1リーグ第13節
清水エスパルス - 横浜F・マリノス
5月27日(土)/14:00/IAIスタジアム日本平
 
横浜F・マリノス
今季成績(12節終了時):9位 勝点17 5勝2分5敗 12得点・12失点
 
【最新チーム事情】
●前節・仙台戦で右足かかと付近を痛めて途中交代した齋藤は出場微妙。
●仙台戦で今季2ゴール目を決めた前田が好調を維持。前節はトップ下で先発したが、齋藤欠場の場合はポジションをサイドに移すかもしれない。
●24日のルヴァンカップ・鳥栖戦は先発を総入れ替えした。リーグ戦メンバーは万全のコンディションで清水戦に臨む。
 
【担当記者の視点】
 前節・仙台戦は勝点1を上積みも、追いつかれてのドローで、内容も決して良くなかった。ルヴァンカップはまずまずの戦いぶりを見せているが、リーグ戦は今ひとつ躍動感に欠ける印象だ。
 
 頼みの齋藤も出場が微妙で、万が一、背番号10を欠くようだと、攻撃はさらに迫力不足を招くことに。いずれにせよ、今は辛抱する時期とも言え、今節はアウェーゲームだけに割り切った戦いが必要かもしれない。
 
 手堅い試合運びで失点を回避し、少ないチャンスを仕留める。現実的なサッカーで勝利を目指したい。

最終更新:5/26(金) 17:00
SOCCER DIGEST Web