ここから本文です

マルセイユの酒井が帰国、「キャリアは関係ない」とサプライズ招集の加藤を歓迎

5/26(金) 20:30配信

SOCCER DIGEST Web

千葉ユース出身の加藤とは柏ユース時代に対戦経験も。

 5月26日、リーグ・アンのマルセイユに所属する日本代表DFの酒井宏樹がシーズンを終えて帰国した。
 
 昨夏にブンデスリーガのハノーファーからマルセイユに移籍した酒井は、入団1年目ながら35試合に出場。フランスの名門で堂々と右SBのレギュラーを張った。本人もこれには手応えを感じている。
 
「1試合1試合のプレッシャーは自分自身すごく感じましたし、ファンだったり街だったり、近年落ちかけていたので、今年はすごくプレッシャーが高くなったので、(5位という)良い結果を残せてよかったと思います」
 
 異なるリーグへの移籍だったが、「ドイツが日本とかなり違ったので、そこまで大きな差はなかったですし、ドイツよりかなりルーズと聞いて入ったので、そこまで大きなショックは感じなかった」と、スムーズに順応できたと語った。
 
 ちなみに、5月25日に日本代表にサプライズで招集された加藤恒平(ブルガリアのベロエ・スタラ・ザゴラ所属)は、ジェフユナイテッド千葉のユース出身。1つ年下で柏レイソルの下部組織で育った酒井は、「覚えてないけれど、戦ったことあると思います」とコメントした。
 
 アルゼンチン、モンテネグロ、ポーランドなどでプレーし、異色の経歴をもつ加藤については酒井は、「正直キャリアは関係ないですからね。もうやれるかやれないかの世界ですし、(レスターの)ヴァーディーがあんな感じになっているわけですから。日本人の中からそういう選手が出てくるのは良いことだと思う」と述べた。
 
 また、今回の日本代表は西川周作(浦和レッズ)、森重真人(FC東京)、清武弘嗣(セレッソ大阪)など常連メンバーの落選もあったが、「入れ替えがあることがすごく競争につながると思いますし、競争がある中で団結して結果を求めていきたいです」と冷静に分析した。

【日本代表PHOTO】シリア戦、イラク戦に向けたメンバー25人

取材・文:井本佳孝(サッカーダイジェストWeb)

シリア戦とイラク戦に臨む日本代表メンバー25名。

シリア戦とイラク戦に臨む日本代表メンバー25名は以下のとおり。
 
[GK]
川島永嗣(メス=フランス)
東口順昭(ガンバ大阪)
中村航輔(柏レイソル)
 
[DF]
酒井宏樹(マルセイユ=フランス)
酒井高徳(ハンブルク=ドイツ)
長友佑都(インテル=イタリア)
宇賀神友弥(浦和レッズ)
吉田麻也(サウサンプトン=イングランド)
三浦弦太(ガンバ大阪)
昌子源(鹿島アントラーズ)
槙野智章(浦和レッズ)
 
[MF]
山口蛍(セレッソ大阪)
遠藤航(浦和レッズ)
今野泰幸(ガンバ大阪)
加藤恒平(ベロエ・スタラ・ザゴラ=ブルガリア)
香川真司(ドルトムント=ドイツ)
倉田秋(ガンバ大阪)
井手口陽介(ガンバ大阪)
 
[FW]
久保裕也(ヘント=ベルギー)
本田圭佑(ミラン=イタリア)
原口元気(ヘルタ・ベルリン=ドイツ)
乾貴士(エイバル=スペイン)
大迫勇也(ケルン=ドイツ)
岡崎慎司(レスター=イングランド)
浅野拓磨(シュツットガルト=ドイツ)
 
※順番は発表順

最終更新:5/26(金) 21:19
SOCCER DIGEST Web